遺産相続とは

遺産相続とは

遺産相続とは

遺産相続とは、お亡くなりになった方(被相続人)の財産(遺産)を残されたご家族(相続人)が受け継ぐ事をいいます。

財産はお金や不動産、有価証券等様々なプラスの財産だけでなく、借金や連帯保証債務、税金の未払分等マイナスの財産も受け継ぐ事になります。

また、遺産相続は、被相続人がお亡くなりになったと同時に開始されますが、相続人が複数いる場合、被相続人の財産は相続人全員の共有物となり、遺産分割が終わるまで遺産を処分することはできません。その際、遺産相続において、だれが何を相続するかを相続人全員で、話し合って決めなければなりません。これを遺産分割協議といいます。

遺産分割協議自体には、期限はございませんが、手続きに期限があるものもありますので注意が必要です。

遺産相続と争族

「遺産相続」というと、遺産の継承という事だけではなく、家族間での遺産の遺産相続争いが生じている状態(争族)を思い浮かべられる方もいると思います。

ですが、もしかしたらご自身にも起こりうる可能性があるとお考えになるという事はあまり無いのではないでしょうか。

しかし、遺産相続は多額の金銭や権利関係が絡む為、時として家族や親族関係を崩壊させてしまうような骨肉の争いという大変不幸な事態に陥ってしまう事があります。

こういった遺産相続による争いを防ぐためには、遺言書や保険・財産整理等の相続対策が必要なのですが、残された家族にとっては不幸な事態はイメージしづらい事やご自身の死後の事を考えるのは縁起でもないという事もあり、事前の準備をお考えの方はまだまだ少ないように見受けられます。

遺産相続争いは発生してしまえば、相続前は仲の良かったご家族・ご親族であっても 家族・親族関係が断絶してしまい大好きな故人のお墓参りにさえ行くこともできない状況となるという事があります。

そのような事態に陥らない為にも、相続開始前に遺言書を作成される等の相続対策をお考えになっておくことが重要であるといえます。

また相続は、お一人お一人が異なる財産や、異なる状況で起こるため、まったく同じ手続となる事はありません。

遺産相続について書かれている書籍には、ご自身に当てはまる相続手続も書かれていますが、実際には全く同じ手続となることは殆どありませんので、書籍で得た知識だけで相続手続を行う事は相当大変な思いをされることと思います。勿論、相続の知識を書籍等から得られる事は重要な事ですが、足りない部分については専門家の判断や協力も必要となってくると考えられます。ご自身で手続きをされた場合、ちょっとした手続の間違いが後々になって問題となる場合もあります。