遺産相続問題が起きないようにする

遺産相続問題が起きないように

遺産相続問題を起こさないために知っておくべき事

遺産相続問題。即ち遺産相続トラブルは、一部の資産家のものではありません。誰にでも起き得るものです。多くの人が口にするのが、『うちは大した財産がないから』、『うちの家族に限っては大丈夫』といった事です。

遺産相続トラブルのほとんどは、一般家庭で起きている

しかしながら、遺産相続トラブルに発展する家庭の約75%が、財産額5,000万以下の家庭で発生しています。この事は、資産額で分類した場合の、人の属性に関わるものというよりも、遺産相続問題の対策をしていたか否かに左右されているものと考えられます。財産額が大きい家庭程、相続税に対する意識も強くなり、税理士に自ら相談されている場合や、資産を把握している銀行等から様々な提案がなされる事が多く、遺産相続問題の対策の必要性を知り、行動されているケースが多いためです。

遺産相続のトラブルは増加している

遺産相続トラブルの数は、平成17年度から平成27年度までの間で、約30%以上増加しています。これは、従前の相続制度から、個人の権利と平等をより重視した現行制度へと変わってから相当期間が経過した事、また、インターネットによる情報が容易に取得できるようになった事等の影響もあり、今では、遺産相続における自己の権利の意識が強くなっている事が理由の一つとして考えれます。

つまり、ここまでで知って頂きたい事は、遺産相続の問題は、誰にでも起こるものであり、根拠のない安易な考えをするべきではないという事です。

現在のご高齢世代の方の遺産相続に対するお考えは、少々楽観的な事が多く、よりシビアにお考え頂く必要があるのです。

遺産相続問題で辛い目を見るのは家族である

遺産相続の問題でトラブルに発展し、辛い目を見るのはご家族です。遺産相続トラブルは、一度起きれば、法定相続人同士はもちろんの事、その次の世代、つまり、お孫さん世代にまで遺恨は残ってしまいます。

解決には多額の費用が掛かる上に。。

遺産相続問題でトラブルに発展した場合、これを解決出来る専門家は弁護士のみです。他に相談に乗る事の出来る専門家はいないため、その費用はとても高額です。言い換えれば、お金を掛ければ、一応の解決を図る事は出来るという事なのです。ただ、解決出来るのは、あくまで財産関係の事であり、ご家族間の感情的対立のケアが出来るわけではありません。

つまり、遺産相続のトラブルは、一度生じれば取り返しがつかないという事です。

遺産相続問題を起こさないためにするべきこと

遺産相続の問題で大切なのは、いかに事前の対策をしておくかであり、これに尽きます。遺言信託をする、家族信託をする、生命保険を利用する、生前贈与をする等々。生前であれば、出来る事は数多くございます。

ただ、一つご注意頂きたい点がございます。それは、独自の対策はしない事です。インターネット等で多くの情報を得る事は出来ますが、掻い摘んだ情報による対策は、思わぬ落とし穴にはまります。遺産相続対策は、決して低くはない額の財産を処分する事であり、直接の影響を受けるのはご自身ではなくご家族ですから、専門家に相談した上で、しっかりとした遺産相続対策をするようにして下さい。