葬儀[お葬式]で葬儀屋とのトラブルを避ける

葬儀屋さんとのトラブル

お葬式でありがちな、葬儀屋さんとのトラブル

広告でのトラブル

葬儀屋さんの中には「葬儀一式○○円」と広告を打っていることがあります。そのような広告を見て葬儀会社を決める人も多いでしょう。しかし、請求書を見たらそれ以上の金額だったということがあります。

それは一式の認識の違いから生まれます。葬儀には、葬儀費用、お布施、実費などあらゆる費用が必要です。葬儀屋さんの一式の認識は、自社でかかる部分のみの可能性があります。ですから、広告だけを鵜呑みにせず、全てでどのくらいかかるのか、どれほどしてもらえるのかを確認することが大切です。

追加料金でのトラブル

葬儀屋さんとのトラブルで1番多いのは、追加料金でのトラブルです。最初に提示してもらった金額に追加料金として多く加算されてしまいます。追加料金がかからないと記載があっても、人件費は別途などなっていることもあります。

こういったトラブルを防ぐには、見積もり書に必要なものがあるか確認することが重要です。葬儀が始まってからでは遅いので、葬儀を行う前に追加料金が発生しないかしっかりと確認してください。

打ち合わせでのトラブル

葬儀屋さんも商売でやっているので、高い費用でやってくれる方が嬉しいでしょう。中には、営業トークでグイグイと押してくることもあります。自分はそこまで費用はかけないという意思を持っていても、故人が恥をかいてしまうなどといった言葉をかけられれば流されてしまいます。その結果、必要以上の立派な葬儀になり、高額な費用を請求されてしまうことになります。

こういったトラブルを回避するためには、葬儀屋さんを1社だけ見て決めるのではなく、複数社と比べてみることが大切です。もちろん、自分の意思をしっかり聞いて葬儀を行ってくれる葬儀屋さんはあるので、選択肢を広げてみていきましょう。

病院の指定業社でのトラブル

病院で亡くなられた場合、病院から指定の葬儀屋さんを紹介されます。その病院でお世話になったこともあり、安心して依頼する人も多いでしょう。しかし、他の葬儀屋さんより費用が高い場合がほとんどです。

決してその葬儀屋さんに頼まなければならないということはありませんし、他の葬儀屋さんに来てもらうことも可能です。葬儀までの時間はないから早くしなければ、という思いもありますが、一旦安置をしてもらえば、他の葬儀屋さんと比較する時間もあるはずです。

バタバタと葬儀屋さんを選べば失敗する可能性もあがります。できれば事前相談をしておくことをおすすめします。