お墓の掃除道具やグッズ

お墓の掃除道具

 

■お墓参りに持参したい掃除道具

家事や庭仕事をする方ならよくご存知のことですが、「作業は道具しだい」です。掃除に限らず手作業をするとき、成果を出すため、そして楽に作業をおこなうためには、きちんと道具をそろえることが秘訣です。

お墓の掃除も、きちんと道具を用意して臨むと簡単にきれいになり、作業が楽しくなるものです。以下を参考に、掃除がはかどる道具を持参し、お墓参りに出かけられてはいかがでしょう。

<ぜひ持参したい掃除道具>

ゴム手袋・軍手 *草むしりをはじめ、掃除のあらゆる場面で手指を保護します。*汚いものにも躊躇なく触れるので掃除がしやすくなります。
ごみ袋 *ごみを集めて持ち帰るか、指定の場所に捨てます。
スポンジ *墓石などを洗うときに使います。
やわらかいブラシ *スポンジで落ちにくい汚れを落とすために使います。*金属タワシをはじめ、硬いものは厳禁です。
歯ブラシなど *墓石の彫刻部分、小物などを洗うときに使います。
雑巾 *墓石をはじめ、水洗いした後に水分を拭き取るために使います。
墓石用の洗剤 *石の専用洗剤を用意します。酸素系・塩素系の洗剤は厳禁です。

<状況によって持参したほうがよい掃除道具>

バケツ *スポンジやブラシで水洗いをするときに使用します。*玉砂利を洗うときに使用します。

(多くの場合、現地で借りられます)

手桶と柄杓 *墓石などに水をかけるときに使用します。(多くの場合、現地で借りられます)
剪定バサミ、鎌、小さいスコップ *区画内の灌木・植木の手入れや雑草の処理に使用します。
ほうき *掃き掃除に使用します。(多くの場合、現地で借りられます)

霊園・墓地には、お墓のお手入れをする道具はひととおり揃っており、無料で借りられることがほとんどです。手ぶらで出かけても大きな問題はないかもしれません。

ただし、お墓参りのシーズンには墓参する方が多く、道具が充分にいきわたらないこともあります。また、あると大変便利な歯ブラシや、墓石用の洗剤までは提供されていないでしょう。ご自身で用意し、お出かけになることをおすすめします。