自分史・エンディングノートのおすすめ

おすすめのエンディングノート

エンディングノートの種類

■巷にあふれる多種多様なエンディングノート

「自分の人生の終い方くらい、自分で決めて準備したい」

「死について学ぶのは、高齢者の教養だ」

終活という言葉の広がりをきっかけに、自分の人生の幕をどう下ろすかに気持ちを向け、実際にさまざまな準備をおこなう方々が大きく増えました。そのような方が真っ先に着手するのがエンディングノートの作成です。

こうした動きを受けて現在、実に多くのエンディングノートが市販されています。また終活セミナーや葬儀社、霊園・墓地の販売会社、そして市区町村などが、独自に無料配布しているケースもあります。さらにインターネット上にも、有償・無償のエンディングノートのテンプレートが提供されています。

いくつか内容を比較したことがある方はおわかりのことですが、エンディングノートはスタイル(形式)についてもコンテンツ(内容)についても、微妙に異なっています。いったい自分はどれを選んだらよいのか――? そのヒントにしていただけるよう、ここではエンディングノートの種類と選び方についてご案内します。

■エンディングノート「スタイルの違いと選び方」

エンディングノートのスタイル(形式)の違いは、おおよそ以下のとおりです。種類を知るだけでも、ご自身の目的や好みに合うもの、合わないものが、ある程度わかります。

◇【既成】市販されている紙のエンディングノート

◇【既成】市販されている豪華装丁版 紙のエンディングノート

◇【手製】紙のエンディングノート(大学ノート、バインダー式ノートなどを利用)

◇【手製】紙のエンディングノート(手帳などを利用した携行版)

◇【既成】パソコン作成用 デジタル版エンディングノート(テンプレートなどを利用)

◇【手製】パソコン作成用 デジタル版エンディングノート

ご覧のとおり、まずは「既成のものにするか、手製にするか」「紙のノートにするか、デジタルにするか」という2点が選び方のポイントになります。その上で、既製品なら「重厚感のあるハードカバーのノートにするか、気軽に新調できるよう手頃な値段のものにするか」、手製なら「つねに身につけて持ち歩けるよう手帳を使うか、普通の大学ノートなどで作り自宅で保管するか」など、用途やお好みで方針を決めます。

■エンディングノート「コンテンツの違いと選び方」

エンディングノートのコンテンツは、大きく分けると以下の3つに絞られます。

◇データ(情報) ―― 本人の身のまわりの情報

◇ウィル(意思) ―― 介護・医療・葬儀などについての希望

◇ライフ&メッセージ(人生の記録とメッセージ) ―― 自分史や家族あてのメッセージ

既製品のエンディングノートには、個性を強く打ち出したものが増加している傾向がみられます。たとえば、重要な伝達事項を確実に伝えることを目的に、「データ」を記載することに特化したもの。また、介護・医療・葬儀・供養に関する方針や意図のみを記し残す「ウィル」を重視したもの。あるいは死後にご家族の心の中に存在し続けるため、自分自身の思いや人柄、エピソードなどを残す「ライフ&メッセージ」を中心にしたもの。

このように、それぞれのエンディングノートが注力しているコンテンツをみて、自分の目的に合っているものを選ぶことが重要です。介護・医療・葬儀についてしっかり希望を伝えておきたいからエンディングノートを作り始めたのに、選んだノートではあっさり箇条書きで希望を記入する欄しか用意されていない、ということもあるからです。

■筆者・監修者をみればエンディングノートの個性がわかる

もうひとつ選び方のポイントとしては、著者や監修者に着目する方法が挙げられます。たとえば葬儀の希望についてご自身がしっかり伝えたいと思うなら、葬儀社が監修したノートを選ぶのがひとつのよい手段になります。葬儀について、ほかのノートより細かな記入欄や解説が用意されているからです。

同様に、相続について書き残すのがおもな目的なら、税理士が監修したものを検討するとよいでしょう。それぞれの専門家の知識を借りて、より満足のいくエンディングノートを作ることができます。

エンディングノートには、できれば「データ」「ウィル」「ライフ&メッセージ」の3つの要素すべてを書き残したほうが、ご家族にも喜ばれます。でも、壮大なエンディングノートの作成計画に押しつぶされ挫折してしまわないよう、お気持ちの向いたものからとりかかり、楽しみながら作業を進めることをおすすめします。

大学ノートなどを利用したエンディングノート

大学ノートを使ったエンディングノート

■「気負いなく始められること」に大きな価値がある

エンディングノートを作るときの意外な困難を、あなたはご存知ですか?

「買ったけれど、なかなか時間がとれなくて手がつけられない」

「大事なものだから、いろいろ調べて正しく書かないと」

「革張りの豪華装丁版にしたから、書き損じてはいけない。まず下書きをしなくては」

実はこのように、ノートを準備したのになかなか書き始められない方が多くいらっしゃるのです。大事なことだと思う気持ちが、作業を始めるハードルを高めてしまっているのでしょう。でも、そのままの気持ちで書かずにいると心の負担が重くなり、ますます着手が遠のきます。

大切なのは、気楽に始めること。どのページから書いてもいいし、途中でしばらくやめてもかまわない。失敗したら「下書き」と思って新調すればすむこと――。そんなふうに楽な気持ちで取り組むことをおすすめします。それには、文具店で売られている普通の大学ノートを利用するのもよい手段です。

■大学ノートの意外な機能性を発揮するエンディングノート

大学ノートで作るエンディングノートのメリットは、「気楽に書ける」という心理的なものだけではありません。機能的にも優れた点があります。ここで利点をまとめておきましょう。

◇安価で親しみのあるノートなので、気楽な気持ちで書きやすい

◇ページが平らに開くので書きやすい

◇どこでも買うことができ、新調しやすい

エンディングノートは、最終的には「読むもの」になりますが、重要なのは「書くもの」としての機能です。市販されている立派なエンディングノートは、製本の仕方(ページの綴じ方)が通常の書籍と同じようになっていて、ページを開くと中央部の綴じた部分に近いところが山なりに盛り上がり、書きにくいことが多いのです。開きにくい、書きにくい、というのは、実際に書き進める際に大きく気になるものです。

また、さらに機能性を求めるなら、バインダー式のノートを利用されるのもよいでしょう。大学ノートでは、「大幅に加筆をしたい」「大幅に修正したい」というときに困りますが、ページを丸ごと挿入したり削除したりすることができるバインダー式ノートでしたら、さほど問題は生じません。

■大学ノートでエンディングノートを作るときの注意点

エンディングノートを大学ノートで手製するとき、いくつか留意すべきことがあります。

◇誤って紛失、破棄してしまわないよう、あつかいに注意する

◇書き込む内容については、既成のものを参考にしながらもれがないよう留意する

◇どこに何が書いてあるかわかりやすいよう、構成、レイアウトを工夫する

大学ノートは親しみやすいノートだけに、扱いが少々雑になってしまう傾向があります。書き進めている途中でも、書き上げてからも、部屋にふと置いたまま雑誌や書類を積み重ね、誤って捨ててしまった――。そのような失敗が起こらないよう、保管場所に気をつける必要があります。

また大学ノートで自作する場合でも、既製品のエンディングノートよい点は、遠慮せずに採用しましょう。たとえば記入項目について、自分ひとりで考えた場合はどうしてももれが生じます。無料のテンプレートなどを参考にして、しっかり記入項目を設定しましょう。

もうひとつ、既製品をお手本にするとよいのは「見やすさ」「読みやすさ」です。手書き文字はただでさえ読みづらくなりがちです。その上、どこに何が書いてあるかがわかりにくいと、目当ての情報を探すため端から端までじっくり読まなくてはなりません。そういったことがないよう、既製品の構成(章立て、項目の分類の仕方など)、レイアウト(配置によって項目を目立たせる工夫など)を参考にします。

大学ノート製の手作りエンディングノートには、たくさんの魅力があります。気楽に書くことができ、また自筆なので、ご自身の個性がページのあちこちに顔を覗かせます。書き損じがたくさんあったり、逆に几帳面にととのえられていたり、いたずら書きのように挿絵やメッセージが書かれていたり――。あなたの人柄がよく現れたものに仕上がります。きっと遺されたご家族が、何度も眺めて味わい楽しめるエンディングノートになるでしょう。

手帳などを利用したエンディングノート

手帳を利用したエンディングノート

■綴るうちに愛着がわくエンディングノート

エンディングノートは、書き進めていくと次第に不思議な愛着がわいてくるものです。自分の情報、思い、人生の記録をしたためていくうちに、どんどん自分を写しとった存在になっていくからでしょうか。そんなとき、自然と鞄の中に入れ、エンディングノートを携帯するようになる方がいます。

また、日々のスケジュールを記入する手帳にはパーソナルデータを書き込むページがありますが、それを大幅に拡張する形でエンディングノートの機能を持たせようという方もいます。

一般的には「エンディングノートは自宅に保管するもの」と考える方が多いのですが、ご本人の好みや方針によっては、いくつかのポイントに気をつけながら、手帳を利用したエンディングノートを作り、携行されるのもよいでしょう。手帳型のエンディングノートには、独特の楽しみやメリットがあります。

■エンディングノートを書くこと、読むことを楽しみたい方は手帳型を

最近では、システム手帳型のエンディングノートも販売されています。手帳を利用して作成するエンディングノートにはさまざまな長所があり、密かな人気になっているのです。

◇思いついたときにいつでも書き込める

◇携帯し、書くことと読むことを楽しめる

◇バインダー式のものなら、変更や追加があっても入れ替えるだけですむ

◇不測の事態が起こっても、かならずエンディングノートを家族に見つけてもらえる

◇死後に受け取った方も携帯し、故人を身近に感じることができる

機能的には、「気持ちが向いたとき、書くべきことを思いついたとき、いつでも書くことができる」という点が大きな特徴です。遺してゆく方々に伝えたいことは、ふとした瞬間に思いつきます。電車に揺られているとき。喫茶店でひとりコーヒーを啜っているとき。友人と談笑しているとき。テレビを眺めているとき――。手帳型のエンディングノートなら、移動中をふくめ、どのような場面でも書き込むことができます。

■「持ち歩く」スタイルのエンディングノートで気をつけること

エンディングノートを手帳にして持ち歩くメリットは、「いつでも書ける」「本人が楽しめる」というだけではありません。そもそもエンディングノートを作っても、その存在をあらかじめご家族などに伝えていなければ、大事なときに使えないということもあります。ところがそれを忘れてしまう方は、意外に多いのです。

しかし手帳として携帯していれば、いつどこでどのようなことが起きても、かならず存在を見つけてもらえ、中をあらためられるでしょう。確実にご家族の手に渡す、ひとつの方法でもあります。

もちろんエンディングノートには秘密にするべき重要な情報が満載ですから、注意も必要です。紛失しても大きな問題が起きないよう、あらかじめ記入する内容について熟考することが大切です。安全を期するなら、資産・相続などに関しては一切記載せず、ごく基本的なパーソナルデータと、医療関連情報、自分史やご家族へのメッセージなどにとどめておくとよいかもしれません。

パソコンなどを利用したエンディングノート

パソコンを利用したエンディングノート

■広がるエンディングノートの可能性

エンディングノートといえば、やはり手書きのノート。そんな印象をお持ちの方が多いかもしれません。家族の顔を思い浮かべ、介護や葬儀について勉強しながら、ひとつひとつ記入欄を埋め、また思いを綴っていく。それが一冊の形になったものを手にしたとき、たしかにある種の感慨のようなものが味わえます。

一方、パソコンを利用してデジタルデータでエンディングノートを作成するのも、なかなか楽しいもの。作成の負担が少なく効率的に作れるので、そのぶん大がかりなものを作ることができますし、パソコンならではの多彩なコンテンツを実現できます。

また仕上げた後は、そのままファイルをパソコンに保管するだけでなく、外部ディスクやUSBメモリなどの記録媒体、クラウドサービスなど、保管方法も豊富です。もちろん紙にプリントアウトしてご家族に配ったり、データをインターネット経由で送ることも可能です。

■デジタル版エンディングノートが有利な点

デジタルのエンディングノートにはたくさんの長所があります。

「キーボード入力のため、作成時の時間や労力などの負担が軽い」

「デジタルデータなので、情報の修正・追加・更新が手軽」

「画像データやスキャンした書類を手軽にまとめられる」

「複製や配布がかんたんにできる」

「見やすく、読みやすい」

こうした利点に惹かれて、最近ではパソコンでエンディングノートを作る方が大きく増えています。オリジナルのエンディングノートを一から自作するのも楽しい作業ですが、テンプレート(書き込み式の定型書式、ひな型)など、便利に使えるツールが有償・無償ふくめさまざま提供されています。それらの既製品を上手に利用してエンディングノートを作る方法をみていきましょう。

■パソコンで作るデジタル版エンディングノート ――種類と入手方法

便利に使える既成品には、有料ものと、無料のものがあります。有料のデジタル版エンディングノートは、パソコンショップやソフト販売店、書店、インターネットショップで購入します。CD-Rの形で提供されるパッケージ版のほか、インターネットで入手するダウンロード版もあります。年賀状作成ソフトのように、どなたでも操作しやすいようシンプルにできており、書き方のアドバイスなども添えられています。

一方、無料のデジタル版エンディングノートといえば、ダウンロードして入手するテンプレートが主流です。こちらはシンプルな書き込み用のひな型ですが、内容がしっかり充実しているものも多く、無料だからといって軽くみることはできません。

また終活セミナーや、葬儀社、霊園・墓石販売会社などが開催するイベント、あるいは市区町村などが、紙のエンディングノートやCD-R版のエンディングノートを無料配布しているケースもあります。

まずはインターネットの検索エンジンで情報を集め、お好みに合うものをお探しになるとよいでしょう。既成品の詳細な商品説明や、実際に購入された方のレビューを読むと参考になります。また無料のテンプレートをいくつかダウンロードして試すうちに、ご自身の使いやすいもの、目的に合ったものが明確になっていきます。あなたの思いを遺し、人生を保存するエンディングノートとの、よい出合いが果たせるでしょう。