エンディングノートの無料ダウンロード

エンディングノートの無料ダウンロード

形見分け遺品の整理(処分品リスト)

エンディングノートに書くべき、遺品の整理・形見分けについて

ここでは【遺品の整理・形見分け】のテンプレートでしばしば取り上げられる内容について、具体的なサンプルを挙げながら、書くときのポイントや注意点をお伝えしていきます。

【遺品の整理・形見分け】のうち、とくに形見分けについては、記載する際にさまざま配慮を怠ると、感情的なトラブルのもとにもなりかねません。防止するためには、公平な分配をすること、そしてご本人のお気持ちをきちんと書き記しておくことが大切です。

ただし、ひと口に「公平な分配」といっても実現するのは難しいものです。たんに分配品の金銭的価値が同額になるよう、すべての人に振り分けることが公平とも言えません。介護をしてくれた、普段から特別にお世話になってきたなどの方にも同額程度の形見分けをすると、同額であることが不公平に思われるものです。

全員が分配に納得してくれることを意識して、エンディングノートにしっかりと「形見分けをする品の由来」「おおよその金額に換算した経済的価値」などとともに、「その品をその人に譲る理由や思い」をしっかり綴っておく必要があります。

■形見分けリスト■

品名/遺品の詳しい説明/保管場所/差し上げる方の氏名・連絡先・関係/差し上げる理由/差し上げる方へのメッセージ/備考

■遺品の整理・処分の方針■

すべて廃棄処分してほしい/使えるものはリサイクル・寄付に出す/家族にすべてまかせる/その他

■遺品の個別整理リスト■

品名/遺品の詳しい説明/保管場所/希望する処分方法/備考

遺品の整理が大がかりなケースでは、自宅に引き取りにきてくれる業者をあらかじめ選び、指定しておくのもひとつの方法です。ただし遺品の引き取りを無料でおこなう、あるいは買い取りをするとうたっている業者もありますが、それらの中には、いざ引き取りにきた段階で「これらの物品の処分には費用がかかる」と申し出るケースもあり、トラブルにつながりかねません。選定には充分に気をつけましょう。

遺言書や依頼相談先リスト

エンディングノートに書くべき、遺言書依頼相談リストについて

 

ここでは【遺言書ほか 依頼相談リスト】のテンプレートでしばしば取り上げられる内容について、具体的なサンプルを挙げながら、書くときのポイントや注意点をお伝えしていきます。 

【遺言書ほか 依頼相談リスト】でもっとも重要なのは、遺言書の有無と保管場所を伝えることです。ただし、きちんと記載しても、このエンディングノートの存在を伝え忘れてしまっては意味がありません。かならず、ご家族などエンディングノートを残すお相手に、あらかじめ以下のことを伝えます。

◇エンディングノートを用意してあること

◇エンディングノートを保管してあるパソコン、パソコンのユーザーIDとパスワード

◇エンディングノートのファイル名とファイルのありか、閲覧のためのIDとパスワード

遺言書がある場合、エンディングノートの役割は、遺言書の内容に関する詳細で丁寧な説明です。遺言書に記載できることは限定されていますので、なぜこのような分配になったのか、どのような考えや思いがあるのかなどを記すことはできません。その部分をエンディングノートで補足します。トラブルを未然に防ぐため、とても大切なことです。

また遺言書について、あるいは故人が亡くなったことに関連して問題が生じた場合の相談先を、リストにして用意しておくと安心です。信頼できる相談先をまとめて記載しておきましょう。

一方、とくに遺言書を用意しない場合は、エンディングノートのこのようなページに、遺産の分配についてまとめて記しておきます。ただし、エンディングノートには法的効力がないことを理解しておく必要があります。

記載するときには、できるだけ詳細な目録と、なぜそのように分配したかを丁寧に記し残すことに心を配ります。遺された方々の間に感情的な問題を起こさず、すべての方に納得してもらえるよう、真摯に思いを伝えましょう。

■遺言書■

遺言書の有無(作成している・作成していない)/作成している場合、遺言書の種類(自筆証書遺言・公的証書遺言・秘密証書遺言)/遺言書の保管場所/作成に関わった専門家の連絡先/備考

■遺産の分割について■

相続させる相手の氏名・続柄・連絡先/相続させるものの名目・詳細な内容/説明・メッセージ

■依頼相談先リスト■

弁護士/司法書士/税理士/不動産会社/その他

*基本的には普段からおつきあいのある相談先を中心に、リストにしておきます。「これまでつき合いはないけれど、オフィスが近いから相談しやすいだろう」と紹介してしまった士業・業者が、あまりよくない人物である可能性もあります。最低限、信頼できる知人が紹介してくれる人物を記載するようにしましょう。

*それぞれについて、名称・連絡先・担当者名のほか、これまでのおつきあいの内容、相談した事柄などについて記しておきます。

大切な人へのメッセージ

エンディングノートに書くべき、大切な方へのメッセージ

ここでは【大切な方へのメッセージ】のテンプレートでしばしば取り上げられる内容について、具体的なサンプルを挙げながら、書くときのポイントや注意点をお伝えしていきます。

エンディングノートに書き残す要素には「データ(情報)」「ウィル(意思)」「ライフ&メッセージ」の三つがあります。どれも重要な意味がありますが、遺族の方々の心を癒し、後々まで支えになるのは、この【大切な方へのメッセージ】です。愛情と感謝の気持ちを、ご自分なりの言葉にして丁寧に綴ります。

■大切な方へのメッセージ■

配偶者の方へのメッセージ/ご両親へのメッセージ/お子さま方へのメッセージ/お孫さま方へのメッセージ/その他

*形式や構成などを気にする必要はありません。思いを真摯に書き記すことが大切ですので、手紙のように書いても、独り言のように心情を綴る書き方でも、あるいは文章が苦手なら箇条書きでもかまいません。

*「何を書いたらよいのかわからない」という場合は、これまでの人生の中で、相手の方からもたらしてもらった幸せ、喜び、学び、支えなどを思い起こし、そのことについてひとつひとつ感謝の気持ちをあらわすとよいでしょう。

*もうひとつの書くべき要素は「お詫びの心」です。謝らなければいけないことがあった場合、そのことをしっかり拾い上げ、曖昧な書き方をせず真っ直ぐに謝ります。ご自身の人生をきれいに仕舞うために必要な、大切なお仕事です。

■ご家族から伝えてほしいメッセージ■

ご親戚、ご友人、お仕事でお世話になった方のうち、とくに伝えたいことがある方へのメッセージ

*とくにメッセージを伝えたい方がある場合、ここに内容を記してご家族から伝えてもらったり、短い手紙にしてその保管場所を記載しておくとよいでしょう。そのようなメッセージを喜ばない方はありませんので、積極的に残しておきましょう。

大切な方々の顔を思い浮かべ、エンディングノートにメッセージを綴っていくうちに、自分が抱えていた意外な気持ちや、お相手が自分にしてくれたたくさんの感謝すべきこと、あるいはご自身が謝罪すべきことの存在に気づくかもしれません。そのようなとき、感謝や謝罪の言葉をエンディングノートのためにとっておく必要はありません。面と向かって今日、お伝えになればよいのです。

伝えたい気持ち、してあげたいこと――。今できるよいことを出し惜しみせず、ひとつひとつ形にしていきましょう。エンディングノートはそのように、今後の人生をほんの少し変化させるきっかけにもなるのです。