世田谷区で遺言,家族信託,相続対策なら終活・相続の窓口

熱中症対策 その1

世田谷区を拠点とする、司法書士・税理士・財務コンサルタント・葬儀社による、終活・相続の専門家集団、一般社団法人終活・相続の窓口のスタッフの臼井と申します。

今年も夏が来ましたね、そして例年よりも更に猛暑に感じられます。

また、実際に老若男女問わずに、お亡くなりになられている方のニュースが少しずつ報道されてきております。

微力ではありますが、こちらのブログから、熱中症をご理解いただいて、身を守るお役に立てればと思います。

 

熱中症の対策

ここまで気温が高いと、日中のみならず、夜間ですら熱中症を発症する場合が増加しています。

今回は、熱中症の対策について、環境省が推奨している方法をご紹介しようと思います。

 

熱中症患者の割合

熱中症患者の約半数が、65歳以上の高齢者となっています。

 

熱中症の発生場所

日中の炎天下の屋外はもとより、夜間の屋外や屋内でも多く発症しています。

 

高齢者が熱中症を発症しやすい理由

 ① 体内の水分不足

体内の水分量は、加齢とともに低いレベルになっていきます。

その為に若い世代よりも、脱水症状になりやすく、また、体内の老廃物を排出する際にも、多くの量の尿が必要になります。

 ② 感覚の鈍化

「暑い」という感覚や、「のどが渇いている」といった感覚などを、加齢とともに感じにくくなってきます。

 ③ 体温の調整機能の低下

高齢者は、体温の調整機能が低下しているために、体内に熱がこもりやすくなっています。

その為、暑い際には、循環器系への負担が、若い世代よりも大きくなっています。

 ④ 心情的な原因

高齢者の特色として、「頑なさ」や、「我慢をしてしまう」などの精神的な面が挙げられますが、暑い時には暑い時なりの正しい対処を行わなければ、熱中症のリスクを減らすことはできません。

 

屋内での熱中症の防ぎ方

 ① こまめに水分補給を行う

普通に生活ができている状態であれば、水や麦茶で水分の補給が十分にできます。

汗を多くかいてしまった際などでは、スポーツドリンクの方が効率的な水分補給が可能です。

水分補給は、常温の飲料で問題はありませんが、身体を早く冷やす必要のある際には、冷たい飲み物の方が有効です。

 ② 部屋の温度を測る

加齢により、体感による温度変化の捉え方が鈍感になっています。

室内の温度を正確に把握するために、目につくところに温度計を置くことが効果的です。

 ③ 汗をかく

汗をかくことによって、体温の調節機能を活性させます。

高齢になればなるほど、汗をかきにくくなるので、汗をかく事を慣らすためにも、無理のない散歩や、屋内での屈伸運動などで、身体を動かすようにしましょう。

 ④ エアコンを活用する

冷たい空気は下に降りてきますので、部屋の天井付近への送風でも、部屋全体を冷やすことができます。

ただ、エアコンの風が、身体に直接当たるような設定は避けた方がよろしいです。

また、屋内と屋外の気温の差が大きすぎると、身体への負担も大きくなりやすいので、気を付けるようにしましょう。

 ⑤ 部屋の風通しを良くする

猛暑の時や、熱帯夜の時には意味がありませんが、エアコンを使わずに過ごせる程度の屋外の温度の際には、窓を開け、扇風機などを使用することにより、屋内の空気を動かし、過ごしやすい環境を作ることも可能です。

 ⑥ 涼しい服装で過ごす

暑い環境に適した素材や、スポーツウェアなどに使用されている素材が使用されている衣類を着用しましょう。

 ⑦ 屋内への直射日光の照射を防ぎましょう

カーテンやすだれなど、窓からの日光の照射による、室内の温度の上昇を防ぐようにしましょう。