世田谷区で遺言,家族信託,相続対策なら終活・相続の窓口

夏バテしないための食生活

世田谷区を拠点とする、司法書士・税理士・財務コンサルタント・葬儀社による、終活・相続の専門家集団、一般社団法人終活・相続の窓口のスタッフの臼井と申します。

今年も夏が来ましたね、そして毎年、最高気温が上がっていている様に思えます。

実際、温室ガス効果のせいで、過去に比べると、世界的に平均気温は上昇しているそうです。

微力ではありますが、こちらのブログから、猛暑に対処する方法をお読みいただいて、身を守るお役に立てればと思います。

今回は夏を乗り切る食生活についてのお話しです。

 

夏バテに対抗する食生活

暑いからと言って、普段と違った食生活を送ることは、ご自身の身体にも少なくない影響を及ぼします。

今回は真夏でも、普段と大きく変わらない食生活を送る必要性をご説明したいと思います。

 

不足するビタミンを考慮する

汗をかくことによって、身体から失われていくものの主なものに、

① 水分

② ビタミンB1

③ ミネラル

が挙げられます。

 

ビタミンB1の役割

このビタミンは、炭水化物が消化される際に発生する糖分を、エネルギーに変換するのに必要なビタミンです。

このビタミンが不足することにより、食べ物からエネルギーへの変換の量が減少してしまうために、体のだるさを感じるようになったり、疲れやすくなるといった症状を感じるようになります。

 

その他のビタミン

他に代表的なものでは、ビタミンCがありますが、このビタミンは、暑さに対する抵抗力を高める効果があり、また、ストレスの緩和に対しても有効と言われています。

 

水分補給

暑いからと言って、冷たいものを大量に一気に飲んでしまうと、胃腸の機能を弱くしてしまい、食欲不振や、消化不良を起こす場合があるので注意が必要です。

また、俗にいう水腹になってしまい、必要な栄養分を採るための空腹感が薄まってしまうため、正しい食生活を行うためにも注意が必要です。

 

環境的な観点からの注意

エアコンの効いた快適な環境、または少し肌寒い環境に長い時間留まる場合、身体が冷えてしまい、胃腸の働きが低下する場合があります。

胃腸の働きが良くないときには、温かいスープなどを飲むことが、効果的と言われています。

 

夏の時期は、その他の時期に比べて、栄養のバランスや量をしっかりと意識する必要があり、規則正しい生活リズムで生活することが、夏バテを防ぐ最善の策と言えます。