遺言信託の手数料などの費用

遺言信託の手数料などの費用

遺言信託の手数料などの費用

遺言書の作成をご検討されるなら、遺言信託をご利用される事をおすすめ致します。遺言信託の利用は、遺産相続トラブルを防ぐ上で有効であり、また、遺産相続発生後の諸手続きがスムーズになりますから、ご家族の負担も軽減できるためです。

ただ、費用が高いため、注意が必要となります。こちらのページでは、遺言信託の手数料の内訳や、各銀行等の手数料のご紹介を致します。

 遺言信託の手数料の内訳

遺言信託の手数料は、一般的に、以下の3段階から成ります。

  •  遺言書の作成と契約
  • 遺言書の保管
  • 遺言執行(遺産相続発生後の手続き段階)

※ 銀行による遺言信託の場合、遺言執行の段階で、銀行に支払う手数料とは別に、司法書士に支払う登記費用が必要となる事があります。(弁護士による時も、多くの場合は同じ)
※ 遺言信託に、相続税の申告を含めることは出来ません。そのため、どの業種(例え税理士であっても)相続税の申告費用は別途必要となります。

遺言信託の費用比較

遺言信託の費用は、執行費用につき、執行対象財産額、その他の事情によって大きく変動するのが一般的です。特に、執行対象財産については、その額に対してパーセンテージ+αで費用が計算されるため、極めて高額になりがちです。

以下の図表は、遺言信託を取り扱う主な銀行等の費用ですが、執行費用については最低額のみを記載しております。実際の執行費用は、もっと高くなる事が見込まれますので、注意が必要です。

※ 変更されている場合もございますので、正確な情報は、各銀行等のHPをご確認下さい。

みずほ
信託
三菱UFJ信託 三井住友信託 三井住友銀行 りそな銀行
作成費用 324,000 324,000 324,000~540,000 216,000 324,000~864,000
保管費用
(変更時)
6,480
(54,000)
5,400
(54,000)
6,480
(54,000)
6,480
(54,000)
6,480
(54,000)
解約 162,000
執行費用
最低額
1,080,000 1,620,000 1,080,000 1,620,000 1,080,000
司法書士費用 別途司法書士から請求
税理士
費用
別途税理士から請求

 弁護士による遺言信託の手数料

弁護士による遺言信託の手数料は、一般的に、上記銀行等と左程変わりありませんので、上記を目安にお考えください。

司法書士による遺言信託の手数料

司法書士による遺言信託の手数料は、一般的に、弁護士や銀行よりも安く設定されています。ただ、事務所により異なりますので、『上記図表よりは安く済むであろう』という程度にお考えください。