お葬式の種類と流れ

お葬式の種類と流れ

散骨

散骨とは、遺骨をお墓に納めず海や山にまく葬送法

火葬した後の遺骨をお墓や納骨堂などに納めず、海や山にまく葬送法を「散骨」「散骨葬」と呼びます。高齢化、少子化、核家族化などの社会状況を背景に、葬儀や葬送のスタイルが多様化する中、「死後は自然に還りたい」「野山に眠りたい」「葬儀・葬送はできるだけ簡略に行いたい」「供養・墓地の管理・継承の必要がない方法を選びたい」などの希望を持つ方が増えています。散骨葬はこういった声に応えるもののひとつです。

日本においては比較的、新しいスタイルですが、散骨は海外では広く一般に行われ、物理学者アインシュタインや歌手のエルビス・プレスリー、中国の周恩来元首相、インドのネール元首相、アメリカのライシャワー元駐日大使など、ご本人の希望で遺灰が自然に還されたケースは数えきれません。日本でも石原裕次郎さんが湘南の海に、立川談志さんがハワイの海に散骨された話は有名です。

散骨の種類

日本で散骨への注目が高まるにつれて、実施される散骨葬の種類も増えています。もっとも一般的なのは、船で海の沖合に出て行う「海洋散骨」、次いで山野に遺骨をまく「山林散骨」です。自然の大きな循環の中に回帰したいという願いをそのままかなえてくれるスタイルです。

また海洋散骨では通常、船で沖に出て遺骨をまきますが、ヘリコプターや小型飛行機で空中から海に遺骨をまく散骨葬も実施されており、これは「空中散骨」と呼ばれています。この場合、外洋に出て散骨する前後に、故人のご自宅や故郷、想い出の地の上空を飛行し、お別れのイベントとするケースもみられます。

馴染んだ自宅に眠りたい、家族のそばにいたい、と願う方の場合、自宅の庭や別荘にまく「自宅散骨」が行われることもあります。これはご遺族の意向によるケースも多くみられます。

また最近では遺骨をカプセルなどに詰めてロケットに載せ、宇宙空間に打ち上げる「宇宙葬」も行われ、散骨の一種とされています。ロマンあふれる葬送法で、多くは生前にご本人が計画し、申し込んでいます。ただし現在のところは地球の重力圏を出るわけではなく、遺骨は地球周回軌道に乗せられます。

散骨に関する法律

かつて散骨は、死体等遺棄罪(刑法190条)と墓地・埋葬等に関する法律(墓埋法)に抵触するのではないかという意見がありました。遺骨を遺棄したとされれば死体等遺棄罪に問われ、3年以下の懲役刑が科せられてしまいます。世間では散骨への注目が次第に高まっていましたが、法整備は行われないままでした。

この状況に対して法務省は、1998年に「相当の節度をもって行う場合は、処罰の対象としない」という見解を出しました。これをきっかけに「散骨葬」が大きな広がりを見せるようになりました。

法務省の見解にある「相当の節度をもって行う」という文言は非常に曖昧な表現ですが、現在、散骨する場合は以下のようなルールが一般的になっています。

  • 骨だとわからない形状にすること
  • そのため遺骨はおおよそ2mm以下に細かく粉砕すること

また「遺骨とわからないようにすること」と同時に、「遺骨をまく場所を慎重に選ぶこと」も必要です。

散骨できる場所

海洋散骨の場合

海洋散骨に関しては、法律による規制は行われていません。それも理由のひとつとなり、散骨において海洋散骨がもっとも広く行われています。ただし、海洋散骨にも厳密に守るべきマナーがあります。

  • 海水浴場沖など、人が多く集まる場所の近辺は避ける
  • 海岸付近は避ける
  • 漁場とその近辺は避ける

中には自分の手で、ご家族の遺骨を思い出の海の波打ち際にまきたいと望まれる方がありますが、多くの方に理解されることではありません。基本的には陸地から一定の距離、おおむね5海里以上離れた場所で行うことが望ましいとされています。海岸付近の海域には、ヨットなどマリンスポーツを楽しむ人々もいますし、漁業権が存在する場所が多くありますので散骨には不適切です。

基本的に、業者によって散骨するスポットやコースがある程度決められている場合が多いので、希望の場所があるときは、先にその旨をお伝えになりご相談されるとよいでしょう。

山林や陸地への散骨の場合

一方、山林など陸地への散骨は、法律によって許可された場所に限られます。故人が好きだった思い出の地に眠らせてあげたいと願っても、その場所が墓地もしくは散骨地として許可された場所でなければ散骨はできません。また川への散骨については、河川法や水質保全に係わる法律・条令に従う必要があります。散骨を取り扱う業者とよく相談されることをお勧めします。

散骨の費用

散骨の種類ごとに費用の相場をみていきましょう。

海洋散骨

海洋散骨には「個人散骨」「合同散骨」「代行(委託)散骨」があります。

個人散骨では、小形の船をチャーターし、海に散骨します。ほかのご家族は同乗されませんので気兼ねのないプライベートな葬送が行えますし、実施の日時もご家族の希望に沿いやすい点がメリットです。献花、献酒、同行者のお茶菓子や記録用の写真撮影などを含めた一般的なプランでは、おおよそ18~25万円の料金が多くみられます。

また一家で船をチャーターするのでなく、数家族がひとつの船に乗り合わせる合同散骨になると費用は下がり、8~15万円が相場となっています。ほかにご遺族が同行されない代行散骨は3~8万円ほどです。ただし、遺骨を粉末状に加工するための費用1~3万円が別にかかるケースがあります。費用に何が含まれているか確認し検討されるとよいでしょう。

山林散骨

山林散骨では多くの場合、業者により散骨場が決められています。費用は遺骨の粉砕加工と送迎などシンプルなプランのほか、セレモニーや参加者の食事会などを行うプランもあり、5~30万円ほどの開きがあります。

ほかに自宅散骨、宇宙葬を含め、以下に一例をご紹介します。

  種類 内容 費用(税別)
 

海洋散骨

 

個人散骨

希望の日時に船をチャーターし、ご家族だけで海に散骨、献酒、献花などを行うプラン  

220,000円

  合同散骨 数組のご家族がひとつの船に乗船し、上記と同様のサービスを実施 120,000円
  代行(委託)散骨 ご遺族の同行なしで実施 50,000円
山林散骨 同行・代行 遺骨の粉砕加工、集合場所から散骨場への送迎、セレモニーなし 50,000円
  同行 遺骨の粉砕加工、自宅からの散骨場への送迎、献花、献酒、10名までの参加者の食事、記録用の写真 210,000円
自宅散骨 スタッフ立ち会い 遺骨の粉砕加工、散骨アドバイス 30,000円
宇宙葬 地球周回コース 遺灰をカプセルに詰めロケットで打ち上げ。周回軌道に乗せ3カ月~数年後に大気圏に入り無害に消滅。打ち上げ式のネット配信、周回現在地の追跡サービス等込み 285,000円

樹木葬

樹木葬とは、墓石の代わりに樹木を墓標にした埋葬法

「自然葬」と呼ばれる葬送法のうち、「散骨」と並び人気を集めているのが「樹木葬」です。樹木葬は霊園や墓地において、樹木を墓標にし、土中に遺骨を埋葬するものです。

言い換えれば、一般のお墓と異なるのは「墓石の代わりに樹木を用いる」点だけで、法的な扱いやお墓の仕組み、かかる費用の内訳などは同じです。そのため樹木葬が行えるのは、霊園や寺院、墓地として認められた山林などに限られます。

最近では霊園や寺院墓地の中に樹木葬のエリアを設けるケースや、新たに樹木葬用に開設される公営・民営の墓地も増加しています。

樹木葬の種類

樹木葬のスタイルは年々、多様化していますが、大きく分類すると墓地として許可を得ている山林を利用した「里山タイプ」と、「霊園・墓地タイプ」があります。

このうち多くの方々が利用している「霊園・墓地タイプ」は、さらに「個人墓」「合葬」「合祀」に分類されます。それぞれの違いを以下に簡単にご案内しておきましょう。なお「里山タイプ」の樹木葬では、基本的に「合葬」「合祀」のスタイルで埋葬が行われます。

1.個人墓タイプの樹木葬

個人墓タイプは、普通のお墓のように墓地の一区画を占有し、そこに墓石の代わりに低木を植えて墓標とし、遺骨を地中に埋蔵するものです。運営する霊園・墓地の規則にもよりますが、区画内であればご家族を何人でも埋葬でき、ペットを一緒に埋葬できるケースも増えています。また「家」のお墓ではありませんので、血縁や婚姻関係のない方とも一緒に眠ることができます。希望により、小さなプレート等を設置できるケースも多くみられます。

個人墓タイプの樹木葬は、墓地の区画を占有しますから、普通のお墓と同様に「永代使用料」がかかります。これは土地購入代金ではなく、土地の使用代金です。このほか「埋葬料」と毎年の「運営管理費」がかかります。

2.合葬タイプの樹木葬

合葬タイプでは、シンボルツリーとなる1本の大きな木を共同の墓碑として、その周囲に複数の方の遺骨を埋葬します。個人墓と比べて小さいスペースですが、個別に埋葬されるスタイルのため、ご家族をはじめ少人数の遺骨を一緒に埋葬することができます。規則によってペットも一緒に入ることができるケースもありますし、お名前などを刻んだ小さなプレートを設置できるケースもあります。

費用の内訳は「永代供養料」「埋葬料」「運営管理費」が基本となりますが、毎年の運営管理費を支払う必要がない場合も多くみられます。

3.合祀タイプの樹木葬

自分専用の区画は必要ないという方には、合祀タイプの樹木葬があります。1本のシンボルツリーや花壇などに、複数の方々の遺骨が埋葬されるもので、個人の区画というものはありません。一般的に、文字どおり土に還るよう、遺骨を細かく粉砕した上で土に分解される骨壺に入れるか、そのまま埋められます。

多くの場合、費用は契約時に「埋葬料」「永代管理料」を支払い、以降は支払いの必要はありません。

樹木葬のメリットとデメリット

樹木葬には人気を集める理由がいくつかあります。また反対に、気をつけるべき点も存在します。検討のご参考になるよう、ここではメリットとデメリットをまとめてご紹介します。メリットはさまざま挙げられます。

  • ◇「自然に還りたい」という思いをかなえられる
  • ◇自然環境に配慮した葬送法である
  • ◇永代供養ができる(=継承者が必要ない)
  • ◇墓石を建てるお墓と比べ、費用を抑えられる
  • ◇「家」のお墓でなく「自分」のお墓に入ることができる
  • ◇血縁関係や婚姻関係にない人と一緒に入ることができる

実際に樹木葬の契約をした方々の大多数に共通するのは、「土に還る」という部分に魅力を感じている点です。そのため、カロートと呼ばれる骨壺の収蔵庫を土中に設置せず、遺骨を直接、土中に埋葬するスタイルを希望される方が多くみられます。

また少子化、核家族化という社会的背景もあり、「子孫にお墓の管理や費用の負担をかけたくない」「子どもがなくて継承者がいない」などの理由で、永代供養ができる樹木葬を選ぶ方も増えています。

ほかにも価値観の変化により、「家」のお墓でなく「自分」のお墓に入りたいと望む方や、婚姻関係にないパートナーと一緒のお墓に入りたいと望む方が増えていますが、樹木葬はそういった希望に応える葬送としても求められています。

その一方、樹木葬にも留意すべきデメリットがあります。ひとつは、後になって「お墓を建てたい」「手元供養をしたいのでお骨がほしい」と望んでも、多くの場合、遺骨を戻すことができない点です。カロートの中に骨壺を収納するスタイルなら可能ですが、そうでない場合は、いったん埋葬したら取り返しがつきません。

もうひとつのデメリットとしては、ご家族、ご親族の理解が得られにくい場合がある点です。「先祖代々のお墓に入るべきだ」「お墓を維持してほしい」「菩提寺に申し訳ない」などの強い主張をされる方が出てトラブルに発展することもあります。あらかじめ丁寧に意思を伝え、理解してもらえるよう努めることが大切です。

樹木葬の費用

通常のお墓と比較すると、樹木葬では墓石を建てないため、その分の購入費用が軽減されます。個人墓タイプ、合葬タイプ、合祀タイプの別によって費用は異なりますが、すべてのタイプを含めると10~80万円の範囲内が相場となっています。

以下にタイプ別の料金サンプルをご紹介します。

個人墓タイプ 30~80万円 埋葬料・永代使用料(運営管理費は年3千~1万円)
合葬タイプ 10~30万円 埋葬料・永代供養料(運営管理費込み)
合祀タイプ 8~10万円 埋葬料・永代管理料

新しい埋葬であるため、金額や料金体系は霊園や寺院など運営団体によって異なります。費用に含まれている内容をはじめ、利用契約などを詳細に検討されることをお勧めします。

生前葬

生前葬とは、生きているうちに感謝とお別れを伝えるお葬式

ある日、知り合いから生前葬のご案内状が届いたら――。現在ではまだ驚き、戸惑われる方のほうが多いかもしれません。生前葬とは、生きている方のお葬式で、人生の節目や終幕を迎えたとき、お世話になった友人知人に直接お礼を伝え、またお別れを告げるために行われます。本人主催の、生前に行う告別式といえるでしょう。

生前葬を行ったご本人が後に亡くなったときには、ご家族を中心とした密葬を行い、友人知人には死亡通知をお送りすることになります。

生前葬を行う方はまだ少数ですが、生前葬の存在については広く周知され、人々の興味を集めています。では実際にご自身の生前葬を行った方々は、このユニークな葬儀に対してどのような思いを託したのでしょう?

生前葬の目的 ~生前葬を開く理由とは?~

生前葬を希望される方々の思いは一様ではありません。ただ、それぞれの人生の流れの中で、「自分がこの世を去った後でなく、今、お世話になった方々に会って感謝の気持ちを伝えたい」という思いを抱き、それが動機のひとつになった点は多くの方に共通しています。

以下は、実際に生前葬を開いた方々が語った「生前葬を選んだ理由」です。

  • ◇友人の旅立ちを何度か経験するうち、自分は生きている間に感謝を伝えたいと思った
  • ◇老齢を自覚し、友人知人との社会的関係に区切りをつけたいと考えるようになった
  • ◇退職し、地方に移住して隠居生活に入ることにしたので、きちんと挨拶をしたい
  • ◇病気で余命を告知され、会いたい人、お詫びを言いたい人、感謝を伝えたい人がいる
  • ◇大きな災厄に見舞われたので、過去に区切りをつけ、新たな人生を始めたい
  • ◇楽しくもないお葬式に友人知人を呼ぶのは申し訳ないので、賑やかなお葬式を開き、明るい思い出を残したい
  • ◇自分の死後、家族にお葬式のことで負担をかけないよう、自分で行っておきたい

こういった目的で開かれるため、生前葬は通常のお葬式とは異なった内容で行われるケースがほとんどです。生前葬の特徴や内容をみていきましょう。

生前葬の特徴 ~「無宗教スタイル」と「楽しい会食」が生前葬の定番~

生前葬に決まった形はなく、自由なスタイルで行われます。大きな傾向としてみられるのは、宗教的なセレモニーは行わない無宗教スタイルが多いこと。もうひとつの傾向は、賑やかな歓談を中心としたパーティや宴会として行われるケースが多いことです。

生前「葬」と呼ぶものの、普通の仏式・神式・キリスト教式の葬儀のように宗教者を呼び、お経をあげたり玉串奉奠を行ったりすることは基本的にありません。宗教を軽視しているのではないかという印象を持たれることがあるためです。

同様に、会場には一般的に棺や祭壇を置きません。ご本人の写真をパネルにして掲げ、人生の軌跡を物語る品々を展示し、花々で飾るなどの装飾を行うのが一般的です。

また生前葬は「儀式」「セレモニー」という側面より、主催者と参加者がうちとけた語らいの時を持つ「パーティ」「会食」「宴会」の側面が重視されます。

生前葬の内容・式次第 ~人生を共に過ごしてくれた人々への思いを形にする~

もっとも多く行われるパーティスタイルの生前葬について、式次第の一例をご紹介します。

1.開式の言葉 司会が進行します
2.ご本人によるご挨拶 生前葬実施の経緯や思いを含めたご挨拶をします
3.自分史のご紹介 あらかじめ作成した映像、画像などを放映します
4.ご来賓によるご挨拶 事前にお願いをしておきます
5.会食・歓談 テーブルをまわり、お話を楽しみます
6.ご友人によるスピーチ 事前にお願いをしておきます
7.おもてなしの演奏や余興 プロによる生演奏や、ご本人・ご友人による余興
8.閉式の言葉 司会が締めた後、お客様をお見送りして終了します

生前葬ではご本人の人生を振り返り、ともに過ごしてくれた方々との思い出を振り返り、その価値を味わうことが目的のひとつです。その上で、感謝の気持ちや伝えたいメッセージを直接、届けます。そのため「自分史」の紹介やスピーチ、歓談が式次第のメインとなります。

またご本人が音楽、ダンスをはじめ余興として披露できるものがある場合、おもてなしのひとつとして行うのもよいでしょう。ご本人らしさが表現された印象深いお式になります。

また時折、「僧侶を呼んで読経をしてもらいたい」「棺を置いて中に入りたい」など、実際の葬儀を模した形で生前葬を実施したいと希望される方があります。しかしそういったスタイルは、参列者の方に「悪趣味なことだ」「酔狂な遊びにつき合わされた」など不快な思いを残してしまうこともあります。生前葬はまだ一般的なことではありませんので、参列者のお気持ちに細心の配慮をして、慎重に内容を決めることが大切です。

生前葬の費用

生前葬の費用は、一般的の葬儀と同様に規模や内容によって大きな幅があります。親しいお仲間とご家族だけで、小規模の食事会の形式により行う場合は20~40万円ほどの費用で行えます。その一方、ホテルの宴会場を使用する場合や、プロの生演奏を入れるなど演出に力を入れる場合、また自分史として会場で披露する映像を制作する場合などは、それだけ費用がかかります。

以下は費用のサンプルです。検討される場合は、葬儀社等と予算や内容について相談し、見積を出してもらうとよいでしょう。

規模 会場 内容 費用
10名 レストラン 司会、配布用の小冊子つき 180,000円
10名 葬儀社の会館 祭壇制作費、自分史映像制作費、食事代込 550,000円
10名 ホテル 食事代、自分史映像制作費、記録撮影費込 1,200,000円
30名 葬儀社の会館 食事代、弦楽生演奏、自分史映像制作費込 1,550,000円
35名 ホテル 食事代、自分史映像制作費、記録撮影費込 1,600,000円

生前葬のお香典 ~生前葬に招かれたときの注意点~

生前葬に参列する場合の、基本的な注意点をまとめておきましょう。大いに気になるのはお香典ですが、まずは案内状に書かれている主催者の意思をしっかり確認します。生前葬は会費制で実施されるケースが多く、案内状に会費について記されている場合は、とくにお香典は必要ありません。

また案内状にお香典を辞退する旨が記載されている場合は、基本的に従います。生前葬は主催者が「参加する方々におもてなしをしたい」という気持ちで行うことが多く、会費もお香典も受けず、費用を全額もつつもりでご招待するケースもめずらしくありません。その際はご招待を素直に受け、生前葬を無事に終えた後、お礼や感想などのメッセージを添えてちょっとしたお品をお贈りしてお返しするのもよいでしょう。またお香典としてではなく、御礼、御長命の御祝いとして熨斗袋に包み、生前葬当日にお持ちする方法もあります。

会費についてもお香典の辞退についても記載がないケースでは、気楽に主催者やお手伝いをされている方にお問い合わせすることをお勧めします。生前葬は珍しいことですので厳格なルールやマナーはありません。そのためお問い合わせをすることも非常識とはされません。もし主催者がお香典をお受けになる場合は、食事会が催されるなら10,000~20,000円を包むのが相場とされています。

もうひとつ、服装についても迷われる方が多いでしょう。パーティや食事会のスタイルで行われる生前葬では、喪服や礼服が好まれないことが多く、「平服で」と案内状に記されています。その場合はスーツやジャケットを着用するなどして参列します。

また服装に関するご案内がなく、生前葬がどのような内容、雰囲気で行われるのか明確ではないときは、やはり主催者側に問い合わせ確認しておくと安心です。