告別式やお葬式[葬儀]のマナー

お葬式のマナー

服装

お通夜・葬儀の服装

遺族が着る服は、喪服になります。そのまま、喪に服しているという意味です。喪主と遺族は正式な喪服を着ることになっていますが、お通夜は略式喪服でも問題ありません。

男性の場合は、モーニングコートが正式礼装となりますが、現在はブラックのスーツに黒いネクタイが一般的になっています。ネクタイは無地でネクタイピンは必要ありません。靴下と靴も黒を着用してください。和装の場合は、紋付羽織袴になります。

女性の場合は、洋装なら黒無地のワンピースやアフタヌーンドレスを着用します。ストッキングは肌が透けるほどの黒、ネックレスはパールなどの一連のものです。メイクは派手にせず、控えめにしましょう。和装なら黒無地の染め抜き五つ紋付きのものになります。黒の帯を締め、白の足袋、黒の草履を履きます。

こういった葬儀や告別式の服装は、レンタルすることができます。葬儀屋さんでの取り扱いもあるので持っていない人はレンタルしましょう。

参列者の服装

遺族ではなく、参列者側の場合も服装のマナーに気をつけましょう。まずお通夜の場合は、取り急ぎ駆けつけるといった意味合いがあるので、黒でなく、ダークグレーや紺色がふさわしいとされています。男性も女性も同様です。

葬儀や告別式の場合は、ブラックフォーマルになります。男性は、ダブル、シングル、三つ揃いのブラックスーツを着用します。女性は、黒のワンピースやスーツで、肌をあまり見せないものにしましょう。夏場でも半袖は控え、5部袖ほどが望ましいです。訃報は急にくるものですので、フォーマルの服装を用意しておきましょう。

子供の服装

学生の場合は、大人ほどの決まりはなく、学校で着用している制服でかまいません。但し、明るい色や柄が入っている場合は控える方が無難です。ブレザーに白いシャツ、黒のズボン・スカートなどが良いでしょう。新生児の場合は、モノトーンのものを着用します。持っていなければ、ベージュやグレーなどの淡い色合いのものを選びましょう。

冬場の服装

冬場のお葬式であれば、コートを着用することになるでしょう。葬儀会場に着き、屋内に入るときにコートを脱ぎます。殺生を意味するので革でできたコートは控えましょう。コートだけではなく、小物のマフラーや手袋も同様です。

持ち物

葬儀・告別式での持ち物

袱紗

参列者の場合は、葬儀・告別式で香典が必要になります。お通夜で渡してあれば必要ありません。遺族側になればお布施が必要になります。香典やお布施は袱紗に包みます。袱紗といっても色や種類などさまざまなものがあります。お葬式にふさわしくないものは失礼にあたりますので、気をつけましょう。

袱紗は、寒色系のものを選び、紫色のものが無難と言えます。そして、香典やお布施の金額によって袱紗の種類も変わります。1万円から3万円であれば金封袱紗、3万円以上であれば爪付き袱紗、台付き袱紗になります。

袱紗の包み方は、金封袱紗の場合は、開きが左側にくるようにしてください。右開きになると慶事になってしまうため注意が必要です。爪付き・台付き袱紗も同様に、左開きにするように折り込みます。渡すときは袱紗から取り出し、相手から文字が読めるように渡します。

バッグ

男性の場合は、お葬式でのバッグは必要ありません。女性のバッグは、ショルダーバッグではなくハンドバッグにしましょう。光沢がなく、派手な金具がついていないものが良いです。革製品は殺生を連想させるため控えましょう。持ち物がバッグに入りきらない場合、サブバッグを利用してもよいですが、黒無地のものにします。

数珠

数珠は、葬式の場で貸借りは控え、自分で持っていきます。数珠にも種類はあり、本式数珠、略式数珠があります。本式数珠は宗派の正式なものになりますが、略式数珠は宗派を問いません。もし、参列者側で宗派が違うのであれば略式数珠が良いでしょう。

数珠の色は決まりがありませんが、房色は地域によって決まっていることがあります。一般的な数珠の持ち方は、房を下にし、左手に輪を通します。合掌した両手に数珠の輪をかけても問題ありません。宗派によって違うので確認しておきましょう。

ハンカチ

葬儀での持ち物で忘れがちなのがハンカチの色です。白か黒、もしくは地味な色を選びましょう。女性であれば、控えめなレースがデザインされていても問題ありません。男性の場合、バッグはないですがポケットに入れておきましょう。

挨拶

葬儀・告別式での、挨拶のマナー

告別式・葬式の挨拶

喪主として葬儀を迎えることになれば、遺族代表という立場になります。告別式、お葬式で挨拶する機会があります。マナーとして、葬式の挨拶は非常に重要なものになります。うまく話そうとして失敗することがありますので、自分の言葉でもかまいません。感謝の気持ちを伝えることが大切なのです。

お坊さんへの挨拶

まずはじめに挨拶するのは、お坊さんです。出迎えるときとお見送りの際に挨拶をします。お見送りの際には、無事に葬儀が行えたことの感謝を述べ、お布施を渡します。

お葬式受付の際の挨拶

葬儀へ参列してくれた方に挨拶をします。長々と挨拶をするのではなく、簡潔にお礼を述べると良いでしょう。故人のために足を運んでくれた参列者に感謝の意を込め葬儀の挨拶をします。

出棺の時の挨拶

出棺の前に、喪主が挨拶を行います。故人の生前の話やなぜ亡くなったのかを簡潔に説明します。また、今後に向けての言葉も添えると良いでしょう。しかし、悲しみの中、お葬式の挨拶を考えるのは難しいことです。その場合は型通りの挨拶でも問題ありません。

最後の挨拶

終わりの挨拶のときは、精進落としがあります。精進落としは会食ですので、会食を始めるときと終わるときに挨拶が必要になります。精進落としが始まるときの挨拶は、葬儀が無事に終えることができた感謝の気持ちを伝えましょう。そして会食でくつろいで頂く旨も伝えると良いです。

そして、お開きの挨拶として、本日全体の感謝を述べます。参列者に対し、今後も良い関係を築いていきたいという気持ちも伝えましょう。

お葬式の挨拶で注意すべき言葉

葬儀の挨拶のマナーとして注意しなければならない言葉があります。

「急死」や「生存中」、「死亡」など普段であれば使う言葉ですが、葬儀の挨拶となると忌み言葉になります。言い換えなくてはいけません。「急死」は、「突然のこと」に、「生存中」は「生前」、「死亡」は「逝去」と言い換えます。また、またまた、重ね重ねなどの重なる言葉も使うことができません。

そういったことを聞くと、難しいように感じますが、挨拶を暗記する必要はありません。簡単にメモにし、見ながら話しても大丈夫なので安心して挨拶をするようにしましょう。

お車代

お車代の相場

お坊さんに来てもらう場合、交通費としてお車代を渡すことになります。お寺で葬儀を行ったり、告別式へこちらで車を手配したりする場合は必要ありません。お坊さんの自家用車、タクシー、電車など来る方法はさまざまです。

お車代の金額は、実際の交通費に加え、いくらか添えます。一般的な相場としては、5000円から1万円ほどとなっています。遠くから来てもらう場合はおのずと高くなるでしょう。

お車代は、お布施の中に含まれることがあります。その場合、いくらお車代とすれば良いかわからなくなります。お寺との関係性によってもお布施の金額が変わるためです。

その場合、お坊さんに直接聞いてみるのも手です。失礼にあたることはありません。もし、気が引けるのであれば葬儀屋さんに相談してみるのも良いでしょう。気になることは葬儀屋さんに聞いて不安をなくすことが大切です。

参列者にはお車代は必要か

結婚式では、お車代として参列者に交通費を出すことがあります。しかし、葬儀では参列者へのお車代は必要ありません。葬儀は訃報を受けて駆けつけるものになるので、遠方から来る人でも変わらず自分での負担になります。

もし、遠方から来られていてお返しがしたいということであってもお金を渡すのは失礼になります。お返しをするのであれば、ホテルの予約をしておくと良いかもしれません。またお中元やお歳暮で感謝の気持ちを表すと良いでしょう。

お車代の書き方と渡し方

お車代は、白封筒か水引の不祝儀袋を使用します。封筒の表に「御車代・自分の名前」を書きます。このとき、薄墨ではなく普通の墨で書くようにしましょう。

最近では、コンビニなどでも文字プリントされたものが売られているので利用すると便利です。

お車代を渡すタイミングは、お布施のときと同じでお通夜の日から初七日、いつ渡しても問題ありません。ただ、お車代のみ、お通夜、葬儀のときに渡すこともあります。

無事に葬儀が終えることができたこと、葬儀でのおつとめの感謝の気持ちを述べ、渡ししましょう。

戒名

戒名とは

戒名とは、葬儀のときに亡くなった後につけてもらう名前です。仏教では、生前の名前を俗名と呼び、俗名から戒名をつけることで浄土へと導くといった意味があります。戒名は、遺族や自分が決めるのではなく、生前のお寺との関係性や社会貢献などによってお坊さんに決めてもらいます。

戒名のランク

戒名には、ランクがあります。男性の場合は、高い順から「院居士」、「院信士」、「居士」、「信士」となります。女性の場合は、高い順から「院大姉」、「院信女」、「大姉」、「信女」となっています。

ランクが高いほど、社会的に大きく貢献した人や著名人、お寺に寄付した額が大きいなど特別な人になります。お葬式のときにお布施を多く出したからといってランクが高いわけではなく、あくまでも故人の地位などで決められます。

戒名料の相場

戒名をつけてもらうと、戒名料が発生します。戒名料はランクが高いほど高くなり、信士・信女は、30万円から50万円ほどになります。居士・大姉は、50万円から70万円ほど、院信士・院信女は、80万円から100万円ほど、院居士・院大姉は、100万円からになります。

浄土真宗は他の宗派とは違い、戒名のことを法名呼び、10万円から50万円ほどです。一般的には信士・信女が多く、平均すると、40万円ほどが戒名料の相場になります。

戒名料は、葬式の読経料と一緒にお布施の中に含まれています。この戒名料の金額によって、お布施の料金が大きく変わることになります。

戒名料のトラブル

戒名料は金額は決まっていないので、相場より高い金額を要求されるなどのトラブルがあります。低いランクの戒名料をつけたのにも関わらず、多額の戒名料を要求されることもあるかもしれません。

人生にさほどない葬儀は知識がない人がほとんどです。基本的な知識を頭に入れておくことでそういったトラブルも回避できるでしょう。もし、多額の戒名料を要求されたときは葬儀屋さんに相談することをおすすめします。

生前戒名

近年では、生前に葬儀やお墓の準備をする終活をする人が増えています。その準備の中に、生前戒名があります。名前の通り生前に戒名をつけてもらうことです。菩提寺があればお寺に相談してつけてもらうことが可能です。菩提寺がなければ、菩提寺を探したり、戒名をつけない俗名ということになります。

お布施

お布施とは

お布施とは、お坊さんへ読経と戒名をつけてもらう謝礼として渡すものです。ご本尊へ捧げるという意味もあります。読経や戒名の対価ではなく、あくまで気持ちとして渡すものですので、決まった金額はありません。

葬儀・告別式のお布施の内訳

葬儀のお布施には、読経、戒名、お車代、御膳料が含まれています。読経は、葬儀・告別式で行うすべての読経の謝礼として贈ります。通夜読経、告別式読経、炉前読経などがあります。

戒名は、ランクがあり、生前のお寺との関係性、社会貢献などによって決められます。お車代は、お坊さんの交通費です。もし、こちらから車を手配し、迎えにいくのであれば必要ありません。御膳料は、葬式の際、お坊さんが会食に参加しない場合に渡します。

葬儀・告別式のお布施の相場

お葬式のお布施は、金額は決まっておらず、地域や宗派によって変わってきます。全国平均はおよそ40万円から50万円ほどと言われています。関東や中部地方が比較的高く、40万円から60万円ほどになります。北海道や東北、中国・四国地方は安く30万円から35万円ほどです。

いくら払えば良いか悩んだら、お坊さんに聞いても失礼にはあたりません。また、葬儀屋さんに相場を聞いても良いでしょう。

葬儀・告別式のお布施の書き方

お布施は、奉書紙や白の封筒、地域によっては水引に包みます。表に「お布施」、「御布施」と書くのが一般的です。その下に、名前をフルネームで記入します。薄墨ではなく、普通の墨で書くようにしましょう。中袋は、裏面の左側に住所と名前を、右側に金額を記入します。金額を書くとき、頭に金と書き、漢数字は旧字体を使ってください。

葬儀・告別式のお布施の渡し方

葬儀や告別式でお布施を渡すタイミングとしては、通夜から初七日までの間いつ渡しても問題ありません。お車代と御膳料は通夜の日に渡して、後日お布施を渡することもあります。お布施の渡す時は、手で直接渡さず、お盆にお布施をのせて渡します。袱紗に包んで渡す場合もあります。一言お礼を添えて渡しましょう。

食事

葬儀の食事

葬儀では、地域や宗派によっても違いますが、何回か食事の機会があるのが一般的です。通夜振る舞い、火葬のとき、精進落としなどがあります。

喪主になれば、そういった食事を手配する必要があります。どのくらいの人が来るのかを想定しますが、人数が変わりやすいため大皿の料理が多くなります。費用とメニューはどうするか、葬儀社や遺族と相談しながら決めていきましょう。

車で来る人や子どもに向けてソフトドリンクの用意も忘れてはいけません。また、もし人数が増えたときは追加できるのかの確認も忘れないようにしましょう。

通夜振る舞いの食事

通夜振る舞いとは、お通夜が終わったあとにする食事です。お通夜に来てくれた人におもてなしをする意味があります。通夜振る舞いの食事は、揚げ物やお寿司、煮物などを中心に、お酒やジュースなどの飲み物を用意します。地域によっては、お菓子やお茶だけの場合もあります。

そして、通夜振る舞いは、親族だけ参加する地域、一般参列者も参加する地域などさまざまです。お箸をつけ、口を濡らすことが故人を供養するとされています。

火葬のときの食事

葬儀や告別式が終わり、火葬場へ向かいます。待ち時間は1時間から2時間あり、その間に食事する場合があります。火葬場に休憩所があれば、そこで飲み物を飲んだり、軽食をとったりします。

精進落としの食事

精進落としは、お葬式や告別式でお世話になった親族やお坊さんを慰労する意味でお食事をふるまいます。本来は、初七日法要といい、四十九日まで肉や魚は食べず、野菜中心の精進料理のみで過ごすことになっていました。

四十九日が明けると親族を呼び、食事をふるまうのが精進落としとされていましたが、最近では、葬儀・告別式と同じ日に精進落としをするようになりました。精進落としでは、お坊さんに上座に座っていただきます。そして、お坊さんや出席者を慰労することから喪主や遺族は末席に座ります。この時、喪主はあいさつをし、葬儀のお礼をします。

御膳料の相場

精進落としには、お坊さんも葬儀・告別式の慰労として呼びます。しかし、都合が悪くでられない場合は、御膳料としてお坊さんに渡します。お布施と一緒に渡したり、お車代と御膳料だけ別に渡したりします。御膳料は、5000円から10000円ほどが相場になります。

供花

供花とは

供花とは、葬儀や告別式などで故人にお花を供えることです。お葬式の際に、遺族や故人と関係がある人が故人に対して花を贈ります。祭壇を飾る目的もあります。また、葬式に出席できない場合は香典ではなく、供花を贈ることがあります。

供花の贈り方

供花は、喪家の葬儀をする葬儀屋さんに依頼します。個人的に供花を手配すると、会場に統一感をなくしてしまう可能性があるためです。葬儀会場によっては、他社の供花を断る場合もあります。訃報の連絡を受けたときに供花を贈って良いか確認します。そして葬儀屋さんに注文しましょう。供花を贈るのは、お通夜の当日の午前中、もしくは葬儀の前日に手配します。供花につける名札は、世帯を代表する人の名、親族であれば子供一同・孫一同、会社であれば会社名・部署名となります。

供花の相場

供花の相場は、7000円から20000円ほどです。これは1基の価格で、1対(2基)になれば金額なります。1基贈るのか、1対贈るのかは、故人との関係性などを考慮しますが、最近では1基贈るのが一般的です。また、葬儀会場の広さによっても1基のみという場合がありますので、葬儀屋さんに確認します。

喪家は葬式の時は忙しいので、供花の相談は控え、葬儀屋さんに相談するのがマナーです。支払いは、葬儀当日か後日ということになります。

供花のマナー

供花で使う花の種類に決まりはありません。ただ、宗派や地域によって供花の習慣が違う場合があります。基本的には、白や淡い色の菊やユリの花を贈ります。バラは棘があるので控えましょう。自分で供花の用意をすると、不快にさせてしまう可能性もあるので葬儀屋さんに相談し、供花を贈るようにします。

供花のお返し

葬式や告別式に供花を贈られたときのお返しは、どちらでも良いとされています。もちろん、お礼は必要なのでお礼状を書きます。お礼状には、お花のお礼、葬儀が無事に終わったことを書きましょう。もし、品物をお返しするのであれば、お菓子や調味料などを贈ります。葬儀が終わってもお線香を上げにくる人がいる可能性があるので、すぐお返しができるよう、多めに用意をしておくと良いかもしれません。

泊まり

お通夜での泊まり

亡くなられてからお通夜、葬儀、火葬を行います。その間は、線香やろうそくの火を絶やしてはならないと言われています。火は昔から人にとって大切なもので、あの世とこの世をつなぐものと言われています。火の明るさと線香の匂いで故人が迷わないようにするという意味があります。

そういった寝ずに火を絶やさないようにする風習があるため、葬儀場に泊まるということもあります。しかし現在では、火災の心配があるので、電気線香を使うなど、その風習自体なくなりつつあります。

宿泊費用

遠方から葬式に来られる参列者は泊まることになります。自宅、ホテル、葬儀屋の宿泊施設など泊まる場所はさまざまです。自宅は、費用もかからずベストと言えますが、部屋数が限られているので難しいこともあるでしょう。

そういった場合、ホテルなどの宿泊施設になりますが、費用は泊まった人の自己負担となることが多いです。もちろん、喪主が費用を出しても良いですが、逆に参列する立場になるかもしれません。お互い様になることなので神経質になりすぎず対応しましょう。

ただ、遠方から来られ土地勘がない参列者が探すのは大変ですので、喪主がホテルの手配をしておきます。葬儀馬から近くのホテルを予約しましょう。

ホテルの予約がとれない

時期によって、どうしてもホテルの予約がとれないことがあります。この場合は、泊まる方にそのまま事情を説明しましょう。仕方がないことなので、問題はありません。泊まる場所は、自宅に可能な限りスペースを作るか、他の親族の家に泊まって頂くことになるでしょう。

葬儀屋の宿泊施設

葬儀屋の宿泊施設は、ホテルより比較的費用が安くなります。ベッドがあるだけのシンプルな設備から様々なサービスがついた施設などさまざまあります。故人との時間も大切に過ごすことができます。

もし、参列者の中に車椅子の方など体の不自由な方がいるときは、事前に葬儀屋に相談しておきましょう。葬儀屋によっては、宿泊施設がないところもあります。その場合は、近くのホテルを紹介してくることが多いです。

香典

香典とは

香典とは、お香をお供えするという意味があります。また、喪家は葬儀や告別式の準備をしなければならないため、せめてお金を送るという意味もあります。基本的にはお通夜の受付で渡します。葬式、告別式で渡す場合もあります。

香典の相場

香典の金額は、故人との関係性が影響してきます。祖父母であれば10000円から30000円、親であれば50000円から10000円。兄弟は、50000円からなど故人によって変わります。
会社の同僚本人であれば5000円から10000円、同僚の家族は3000円から10000円ほどです。

あくまでも相場で、周りの人と相談して決めた方が、一人だけ少なすぎたり、多すぎたりということが防げます。

香典の書き方

香典の書き方は、宗教によっても変わってきます。

のし袋は、白黒か銀色の結び切りの水引のものを使います。中の金額が少なめなのに豪華すぎるのし袋では違和感があるので、中に入れる金額に合わせてのし袋を選びましょう。墨は普通の墨ではなく、薄墨を使います。これは、涙で文字が滲むという意味があります。

表書きに「御霊前」と書きます。そして下にフルネームで名前をかきます。夫婦で出席する場合は、妻は下の名前のみ書きます。会社で出す場合は、会社名を書きます。

香典で注意すべきのマナー

香典では、気をつける香典のマナーがあります。それは、四や九がついた数字を避けることです。死や苦を連想させるため葬儀では控えましょう。そして、3000円、5000円、10000円などきりの良い数字にしてください。

また、お札を入れるときは、新札を控えましょう。まるで葬儀があることを見越し、用意していたのではないかと感じさせてしまいます。もし、新札しか持っていないときは一度2つ折りにしてから入れるようにしましょう。ただ、汚れたお札や破れているお札などは失礼に当たります。

中袋に金額を書くときは、一や二などでは改ざんすることが容易なので、旧字体で書くようにします。また、中袋にも名前と住所を書くとわかりやすく丁寧で良いです。