霊園・墓地の選び方

霊園・墓地の選び方

永代供養とは

■時代が生んだ新たな潮流――永代供養墓

お墓は親から子へ、子から孫へと代々継承していくもの――。

お墓に対するそのような考え方に、大きな変化が起きています。「結婚しない〝おひとり様″の人生だから、永代供養墓を購入した」「子どもたちの住まいは海外だし、永代供養墓に入ることにした」、そんな話を身近で耳にされたことがあるかもしれません。

永代供養墓は、契約している期間、お寺や霊園などが管理・供養をしてくれるお墓のことです。ほかに「永代供養塔」「永代供養廟」など、寺院や霊園によってさまざまなスタイルと呼び名があります。

「お墓の面倒をみてくれる人がいない」という方はもちろん、「子や孫にお墓の維持・管理の負担を負わせたくない」「夫婦ふたりだけのお墓にしたい」などの理由で、永代供養墓を求める方は年々、増えています。

■永代供養墓の種類

一般的な永代供養墓は「合同墓」、つまり大きな石碑・像・霊廟・納骨堂などが建てられ、その内部(多くは地下や半地下のスペース)に、合同でお骨をおさめるスタイルのものです。このような合祀タイプの永代供養墓は、形式によって「納骨堂」「納骨塔」「納骨陵」「納骨廟」などに分類されます。最近よく見られるような、仏壇型・ロッカー型のものは「納骨廟」の一種です。

種類としては「合同墓」のほかに、「個別墓」が挙げられます。個別墓は、独立した墓石や石塔を持つものです。以前からあったお墓を継ぐ人がいないので、永代供養をしてもらえるよう手続きをし、「個別墓の永代供養」となるケースもあります。もちろん、あらたに墓石を建てた個別墓を作り、永代供養の契約をかわし、永代供養墓とする場合もあります。

また近年では少なくなりましたが、昔からある永代供養墓として、一つの区画に小さな石碑を並べた「集合墓」のスタイルもあります。寺院・霊園によって用意している永代供養墓は異なりますので、検討されている場合はこれらの種類を頭に入れた上でお調べになるとよいでしょう。

■永代供養墓のお値段

永代供養墓の費用は、お墓の種類、供養をしてもらう期間、供養の内容などによって違いがあり、もちろん寺院や霊園によって金額の設定はさまざまです。購入費・管理費・供養料をあわせ、数万円から数百万円までの大きな開きがあります。

価格については、購入費にすべてが含まれ表示されているケースもあれば、購入費とは別個にその後の年間管理料、供養料が設定されているケースもありますので、よく内訳を確認して検討されることをおすすめします。

■永代供養の期間

「永代」とはいえ、供養をしてもらえる期間には限りがあります。寺院や霊園によって異なりますが、「十七回忌まで」「三十三回忌まで」「五十回忌まで」「希望の年数」「お寺や霊園がある限り」など、期間がいくつか設定され、自由に選べる場合がほとんどです。期間が一律に決められている場合は、三十三回忌までというケースが一般的です。

この期間が過ぎると、通常はお骨が移されます。新たな場所に合祀されたり、土に還すためのスペースに納められたり、寺院・霊園によって異なります。気になる方は、あらかじめお尋ねになるとよいでしょう。また場合によっては「供養の期間」でなく「契約期間」とし、お骨をおさめた年からでなく、購入した年から費用が発生することもありますので、やはり確認が必要です。

■永代供養墓の購入者の権利

法律上、契約上の観点からみると、永代供養墓の購入は「永代供養権の取得」ということになります。永代供養権とは、契約した期間内、お墓を管理・供養してもらえる権利です。個別に建てた一般的なお墓は、墓地を使用する「永代使用権」を購入する契約になりますから、それとは異なった契約だと理解しておきましょう。

霊園・墓地の種類

 

■霊園・墓地の4つの種類

霊園・墓地は、おおまかに4種類に分類できます。

「民間霊園」「公営墓地」「寺院墓地」「共同墓地」の4つで、それぞれ経営主体が異なるだけでなく、購入者・利用者にとって異なるメリットとデメリットがあります。費用はどうなのか、立地条件に特徴はあるのか、管理内容は充分か、ほかにどのような付加価値があるのか、申込みに要件はあるのか――? それぞれの特徴をご自身とご家族みなさんでよく理解した上で、よいお墓選びに役立てましょう。 

■1.民間霊園

宗教法人・公益法人が経営している墓地のうち、いずれの宗教、宗派でも受け入れる墓地を「民間霊園」もしくは「民営墓地」と呼びます。民間と名がついていますが、霊園・墓地の運営については高い公共性と永続性が求められるため、法律によって株式会社など営利法人が経営することは許されていません。

ただし、開発・管理・運営には開発業者や石材店など専門性の高い企業が関わっているため、提供する墓地・墓石の質やサービス内容が充実しています。

民間霊園は、宗教・宗派に制限がないだけでなく、申し込みの要件があまり厳しくないケースが多く、また販売数が多いため購入しやすい点がメリットです。墓石のデザインについても制限がゆるやかな傾向があり、区画も大きいものから小さいものまで豊富に用意されています。たくさんの選択肢の中から予算を含め気に入った墓地を選び、思い通りのお墓を作るにはとてもよいでしょう。

ちなみに石材店は指定の業者に依頼すると決められているケースが多いので、その霊園が提供する墓石についても詳しく調べた上で、検討されることをおすすめします。

また管理・運営の質、そして永代使用料や管理費用に関しては、霊園によって大きな幅があります。候補の霊園についてよく調べ、比較して選ぶことが大切です。

■2.公営墓地

都道府県や市区町村などの自治体、もしくはそれらの自治体から任された公益法人が管理・運営している墓地です。宗教・宗派にかかわらず申し込むことができます。管理・運営の具体的な内容については、それぞれの自治体によって違いがあるため一概にはいえませんが、まず経営面で安定している点、そして管理料や永代使用料など費用が比較的、低価格な点が魅力です。維持にかかる費用を抑えることは、先々お墓を継ぐ方々にとって、とても重要なことです。

ただし公営墓地は募集が少なく、募集期間も短く限定されていて、競争率が高い場合は抽選になります。また申込み資格にも制限があります。「墓の継承者がいる」「未納骨の遺骨がある」「該当地域に住所がある」など規定の要件をみたしていなければ申し込めないので、自分のお墓を生前に購入できないこともあります。また、墓地も新規ではなく過去に別のお墓が設置されていたケースが多くあります。 

■3.寺院墓地

宗教法人が運営している墓地のうち、寺院の境内や隣接する土地にあり、使用する際その寺院との檀信徒契約を必要とするものを寺院墓地といいます。そのため、宗教・宗派はその寺院のものに限定されます。

寺院墓地を保有すれば、寺院と代々にわたって継続的に密接な関係を築くことができます。お墓や供養全般についての相談はもちろん、宗教者としてさまざまアドバイスなどもしてもらえ、手厚いお祀りとともに家族のよい学びの機会が増えるでしょう。また傾向として、民間霊園よりはアクセスしやすい好立地にあることが多く、お墓参りが気軽にできるなどのメリットがあります。

注意したいのは、関係が密接だからこそ、その寺院や住職との相性が問題になるケースがある点です。できればあらかじめ何度か住職と会う機会を持ったり、檀家の方にお話を聞くなどして、住職のお人柄を含め様子を知っておくとよいでしょう。また、永代使用料や管理料、墓地使用制限などについてはっきり決められていない場合があります。トラブル防止のため、必要な事項については事前に取り決めをかわすと安心です。 

■4.共同墓地

「共同墓地」は近年、静かな注目を集めているスタイルです。個人のお墓ではなく、石碑・供養塔などを建立し、その中に用意した納骨スペースに、複数の方のお骨を合同でおさめるものです。「合同墓」「集合墓」ともいいます。

実は「共同墓地」と呼ばれるものは昔からあったのですが、それらは地域ごとに自然発生的にできた合同墓で、一般に販売されるものではありません。

しかし近年、ご家族を持たない方が多くなったことや、お墓に対する考え方が多様化したことから、共同墓地を求める方が増えてきています。そこであらたに生まれたのが現代式の共同墓地です。

現在、販売されている共同墓地や集合墓は、基本的にお墓の管理や供養をお寺などが担う「永代供養墓」です。そのため、「供養はしてほしいけれど家族がいない」「子孫にお墓の維持や管理の負担をかけたくない」という方を中心に、人気を集めています。また個人で墓石などを購入する必要もないので、費用が安価ですむ点も大きなメリットです。

 

世の中が変わり、人々の生き方、暮らし方や死生観が多様になったことで、お墓のあり方も多様化しています。利用するわたしたちにとっては、選択肢が豊かに増え、個人の望むお墓を持てる状況に変化をみせています。

民間霊園購入の費用や相場

民間霊園 費用の相場

お墓にかかる費用は、一般的に【永代使用料(墓地代)】+【墓石工事費】+【管理費】と考えることができます。ここでは民間霊園(民営墓地)の費用の相場をお伝えします。

■永代使用料の相場

民間霊園の永代使用料は、実際の購入額でみると20~200万円と大きな幅があり、全国平均で77万円、東京都のみでみると120万円ほどです。価格はもちろん墓地の広さによって異なりますが、そもそもの1平米あたりの価格が、霊園によって非常に大きな開きがあります。

1平米あたりの価格差は、ある程度、霊園の地価に沿っている傾向がみられます。霊園の場所によって価格をくらべると、地方や都市部郊外では比較的安く、都市部では高い傾向があきらかです。また最寄り駅から遠く車が必要な霊園より、公共交通機関のみで行けるアクセスが容易な霊園のほうが、価格が高い場合が多くみられます。

実際に、東京でも23区内と23区外では永代使用料の平均額に大きな差があります。1.20平米の一般墓地の永代使用料は、23区内では120~200万円、23区外では40~60万円です。

ほかに霊園の整備状況、施設やサービスの充実度も価格に影響していることがうかがえます。公園のように明るく広々とした園内に、広場や休憩所、花壇、遊歩道などが作られ、法要のためのホールが併設されているなど、墓地以外の施設も充実している霊園は、シンプルな霊園より高いケースが多くみられます。

■墓石工事費の相場

墓石工事費は、【墓石代】+【彫刻費】+【設置工事費】を合計した費用です。

民間霊園の多くが採用している「指定石材店制度」によって、通常は決められた石材店に墓石を注文することになります。不自由に感じるかもしれませんが、この制度によって、墓石工事費は少し安く抑えられているケースが多くみられます。

具体的な額は、墓地の広さ、墓石のデザイン、石材の種類、ランク、彫刻による加工の手間、設置の手間などによって大きくかわります。

墓石の購入価格に関する調査では、平均相場が100~300万円と幅があります。一般社団法人全国優良石材店の調査によると、48.9%の購入者が100~200万円、次いで24.4%が50~100万円、15.2%が200~300万円を購入費にあてています。

■管理費の相場

墓地を購入する際にかかる初期費用、「永代使用料」と「墓石工事費」のほかに、お墓を維持するには「管理費」というランニングコストがかかります。

管理費は、霊園によって一律価格のケースもありますが、多くは使用する区画によって金額に差があります。年間価格が定められ、それを1年分、3年分など、定期的に支払います。この費用は、霊園・墓地の施設維持費・運営管理費として、参道や緑地、駐車場、水道などの整備や、墓地の清掃などのために使用されます。

民間霊園では、年間5,000~15,000円の管理費がおおよその相場とされています。公営墓地よりは高い金額ですが、寺院墓地のように規定がなく費用があいまいなパターンとくらべるとわかりやすく、支払い額に悩むこともないでしょう。

公営墓地購入の費用や相場

 

公営墓地 費用の相場

お墓にかかる費用は、一般的に【永代使用料(墓地代)】+【墓石工事費】+【管理費】と考えることができます。ここでは公営墓地の費用の相場をお伝えします。

■永代使用料の相場

永代使用料については、一般的に民間霊園より公営墓地のほうが、価格が割安だという印象があります。概してみるとそのとおりですが、もちろん例外もありますし、東京に関していえば「公営墓地のほうが安い」とも言い切れません。

まず、東京都内一等地にある都立青山霊園のように、例外中の例外があります。平成28年度の募集では、青山霊園でもっとも小さい1.60平米の区画の値段が438万円。4.00平米の区画では1,000万円を超えています。この金額に墓石工事費がかかり、さらに年間管理料が必要になります。

同じ都立の一般墓地では、谷中霊園が1.50平米で263万円、小平霊園が1.80平米で151万円、多磨霊園は1.75平米で155万円です。東京の民間霊園の永代使用料が平均で120万円であることを考えると、決して安いとはいえません。

地方都市の公営墓地では、平成28年度の募集データによると以下のような価格です。いずれも県庁所在地の市営墓地ですが、やはり大きなばらつきがあります。

◇大阪    泉南メモリアルパーク   3.03平米     688,000円

◇名古屋   みどりが丘公園  3.00平米   1220,000円

◇福岡    三日月山霊園   4.00平米   700,000円

◇札幌    手稲平和霊園   4.00平米   310,000円

◇青森    八甲田霊園    6.00平米   454,000円

◇鳥取    出合墓地     6.25平米   187,500円

■墓石工事代の相場

公営墓地においては、基本的に自由に石材店を選ぶことができます。品質や価格などを比較検討し、ご自身で選んだ石材店に依頼しましょう。ただし公営墓地には、墓石の形や大きさに制限をもうけているケースがありますので、事前によく規約を調べておく必要があります。

費用は、「公営墓地に設置する墓石だから安い」「高い」というようなことはありません。彫刻費と施工費含む墓石工事代の全国平均が164万円、購入者の48.9%が100~200万円の墓石工事代を支払っているというデータが相場の参考になるでしょう。

■管理費の相場

公営墓地は、ランニングコストである年間管理料が低く抑えられています。1,000~5,000円、高くても10,000円を超えることはまれです。永代使用料が高額な都立青山霊園でも、年間管理料は1.60平米の一般墓地で1,220円です。

寺院墓地購入の費用や相場

 

寺院墓地 費用の相場

お墓にかかる費用は、一般的に【永代使用料(墓地代)】+【墓石工事費】+【管理費】と考えることができますが、寺院墓地については料金システムが異なります。檀家になるための「入檀料」がかかりますし、管理費に代わって「寺院施設利用料」「冥加金」が求められることもあります。ほかにも「護持会費」「寄付金」「お布施」が必要になります。ここでは概要と相場をお伝えしましょう。

■永代使用料の相場

寺院墓地の永代使用料は、民間霊園以上に金額に大きなばらつきがあり、それぞれの金額の根拠は不明瞭です。民間霊園については、立地や設備・サービスの充実度、ブランド力などをみればある程度、価格の理由を理解できるケースが多いのですが、寺院墓地については寺院の格式や独自の都合なども関わってくるため、一般的な条件をみても価格の目星をつけることが困難です。

一般的な永代使用料の相場は、20~200万円、全国平均で77万円、東京都のみでは120万円ほどですが、寺院墓地の永代使用料は、都市部や交通至便な寺院、格式ある有名な寺院ではとくに高額になります。東京23区内では、1平米あたり100~300万円ともいわれています。

また寺院墓地の場合、永代使用料が低額に抑えられていても、独自にかかる費用が多くあります。購入を決める前に、初期費用・維持費用を含め、費用の全体像を把握するよう気をつけましょう。

■墓石工事費の相場

寺院墓地では民間霊園と同じように、墓石を指定の石材店に注文するケースがほとんどです。デザインや大きさに制限をもうけていることも多いので、注意が必要です。

価格については寺院独自の特徴はみられませんが、大手の霊園墓地とくらべると高めな印象を持つ方が多いようです。墓石代・彫刻加工費・設置費を含めた、一般的なお墓の「墓石工事費」の全国平均164万円を目安に、検討されるとよいでしょう。

■管理費の相場

寺院墓地の年間管理費用は、「寺院施設使用料」「冥加金」などの名目で納めることもあります。金額は6,000円~25,000円程度と比較的、高めです。また名目によっては金額を明確にした請求がされないので、その寺院の相場を調べる必要があります。

■そのほか寺院墓地にかかる費用

◇入檀料

そもそも寺院墓地を購入することは、その寺院の檀家になることが前提です。そのため、「入檀料」「お布施」などの名目でお金を納めることが必要になります。金額は納める側にまかされている形ですが、一般に10~50万円といわれています。

◇護持会費

寺院墓地を購入する場合は「お墓を買ったら終わり」ではなく、檀家として、仏様の供養を中心に寺院と密接におつきあいをすることになります。そのため、寺院を維持するための費用として「護持会費」がかかります。「護持会費」にお墓の管理料を含めている場合や、「護持会費」「管理料」をそれぞれ納める場合など、システムの違いによって金額は異なります。多くは年間、4,000~15,000円ほどです。

◇お布施

法要をおこなうたびにお布施をします。法要の内容により3~20万円ほどですが、菩提寺の相場がわからない場合は、ほかの檀家の方々に相談するなどして確認したほうがよいでしょう。

◇寄付金

檀家として、お墓とは関係のない本殿や庫裏の新築・補修・改築費用などの負担を求められることがあります。普段から小額を受け、積み立てて備える寺院もありますが、改築など大きな出費がある際に10万円単位、ときに数十万円~100万円以上の寄付金を分割で支払うよう求められるケースもあります。

共同墓地購入の費用や相場

 

共同墓地 費用の相場

お墓にかかる費用は、一般的に【永代使用料(墓地代)】+【墓石工事費】+【管理費】と考えることができます。ただし共同墓地では個人の墓地を持ちませんので、その費用はかかりません。一般的には【永代供養料】+【納骨法要のお布施】+【刻字料】。ほかに入会費・年会費・入檀料がかかるケースもあり、料金体系はさまざまです。ここでは共同墓地の費用の相場をお伝えします。 

■一式含めたセット料金が基本

共同墓地の場合、料金は基本的に一式料金(セット料金)となっています。金額は10万円程度のものから100万円を優に超えるものまで多様です。共同墓地を新たにもうけるお寺は年々増え、料金にも変動がありますが、30~50万円が平均といわれています。共同墓地のスタイルや納骨方法、供養の内容、そのほか提供するサービスや保有する施設などによって、料金に差が生じます。

一般的な共同墓地のスタイル、納骨の方法、供養の内容、そして費用をみていきましょう。

■共同墓地のさまざまなシステム

◇共同墓地のスタイル

共同墓地は、どのように納骨、安置するかという方針にあわせて施設が作られています。

①納骨堂として建物を建て、室内に納骨壇(のうこつだん)を作り、たくさんの方々のお骨を安置するスタイル。納骨壇は、小さな箱型の遺骨安置スペースがたくさん並んで設置されているもの。お骨の一時的な保管場所ではなく、正式なお墓として認められているものです。骨壺が棚に安置されるタイプや、小さな仏壇のように装飾されているタイプなどさまざまです。

②普通の墓地にある一般墓を大きくしたようなスタイル。大きな仏像、塔、碑などを建て、その地下、もしくは半地下に納骨室や納骨壇を作り、たくさんの方々のお骨を安置するもの。

③お骨を安置する納骨堂や納骨壇を作り、その下に土に還すための散骨スペースをもうけたもの。契約期間が過ぎたら、供養をして散骨します。

④お骨をまとめて土に還すために散骨する、合祀墓スタイル。

◇納骨の方法

大きく、以下の3パターンに分類されます。

①お骨を引き取ったら骨壺から出し、合同の場所にまとめて土に還す

②「三十三回忌まで」など、契約した期間は骨壺に入ったお骨を納骨堂や納骨壇に安置して、期間が過ぎたら合同の場所にまとめて土に還す

③引き取ったお骨を分骨して、その一部を契約期間に限り納骨堂や納骨壇に安置して、残りのお骨は合同の場所にまとめて土に還す

◇供養の内容

寺院によって異なりますが、以下のようなパターンがあります。

*毎年、春のお彼岸、お盆、秋のお彼岸に、合同で供養する

*毎年1回、供養する

*毎月1回、供養する

さらに、以下を加えることもできます。

*毎年、祥月命日(しょうつきめいにち、亡くなった月日と同じ月日)に供養する

*回忌供養をおこなう

■共同墓地の費用内訳

◇永代供養料

普通のお墓を購入するときには「永代使用料」という名目で、墓地を使用する権利を買いますが、共同墓地の場合は個人の墓地を持ちません。よってその料金は不要です。代わりに料金の中心になるのは「永代供養料」です。これは契約した期間、お寺に責任を持って供養し、管理してもらうための費用です。

◇納骨法要のお布施

お骨が引き取られると、納骨のために法要をとりおこなってもらえます。そのためのお布施で、通常は一式料金に含まれています。

◇刻字料

共同墓地では基本的にあらゆることが共同、合同ですが、多くの場合、石板の個人用墓誌を作ってもらえます。そこに名前などを彫刻してもらうための費用です。

◇入会費・年会費・入檀料

生前に契約の申し込みをすると、こういった費用が別途に発生するケースがあります。あらかじめ寺院に確認されるとよいでしょう。

◇戒名料

ほとんどの場合、共同墓地に入るために戒名がなくても問題ありません。希望するときは、料金が別にかかります。

 

共同墓地は非常にカジュアルなスタイルのお墓ですが、契約することは寺院に入檀することを意味します。そのため本来は宗教・宗派が限定されるのですが、近年、続々と新設されている共同墓地は、条件を「○○宗○○派」ではなく、「在来仏教」としているケースが増えています。在来仏教は明治初期までに日本に根づいていた伝統的な仏教宗派のことで、13宗あります。共同墓地を望む方が増えている中、人々を広く受け入れられるようにという意図によるものです。