お彼岸やお盆、お墓参り

お墓参り

お墓参りの意味

 

■お墓参りをする本当の理由とは?

お墓参りは感謝と弔意を込めて祖先の冥福を祈る、大切な供養です。かつては日常的にお参りし、ご先祖様との語らいのときを持っていたものでした。しかし、現在そのような方が少なくなり、お墓もお参りもあまり身近なものではなくなっています。そもそもお墓参りには、どのような意味があるのでしょう――?

亡くなった方を埋葬する風習は人間が原始的な暮らしをしていた頃に始まり、お参りも、死者を思う気持ちから定住生活をする人々の間に自然発生的に生まれたものといわれています。

二度と会えなくなった大切な人に対する思慕の気持ちから、亡骸のある墓地に自然と足が向く――。それが、お墓参りの本質です。その後、長い年月がたつにつれて、宗教的・哲学的に死や死後の世界についての概念が豊かに発展し、作法やマナーが生まれました。

現在わたしたちがお墓参りをするのは、おもにお盆や春と秋のお彼岸、命日、年忌法要などでしょう。それらのお墓参りでは、大切な亡き人への哀悼と感謝、そして敬意が、作法やマナーという形にこめられています。ここではまず、お墓参りの本質的な意味を見つめていきましょう。お墓参りが持つ、さまざまな効能や大切な価値が浮かび上がります。

■お墓参りの豊かな効用

大切な人を喪ったときの素朴な思い、心模様――。それを思い浮かべれば、お墓参りの意義は自然と理解されます。お墓参りが遺されたわたしたちを癒し、支え、あらたな学びをもたらすたくさんの効用をみていきましょう。

◇亡き人に心を寄せる

もう一度会いたい、話をしたい、触れたい、心を通い合わせたい、そういった思いを「思慕」と呼びます。その思いに押されるようにしてお墓に向かう機会を持つのは、とてもよいことです。死別はつらく悲しい出来事ですが、お墓参りを通じて故人とのあらたな関係を築いていくことができます。悲しい思い、淋しい思いをお墓参りでほんの少し解消したり、ときにお墓に向かって悲しみを吐き出したりすることで、人は少しずつ癒えていくことができます。お墓参りでは、ぜひ故人に素直な思いを語りかけましょう。

◇心に生じる感謝の気持ちを捧げる

お墓参りに行き、亡き人を思うときを過ごすと、自然と感謝の気持ちがわいてきます。いなくなったからこそわかる「存在の大きさ」を実感するのはつらいことでもありますが、同時に、その人がいてくれたことの幸せや、そのことに対する感謝の思いを強くします。お墓参りでは、自然に生じたその気持ちを捧げます。

◇姿なきものへの畏れと敬意を捧げる

亡き人に、自然に意識を向ける日々を過ごしていると、その方の存在を身近に感じ、見えない世界を身近に感じるようになるものです。それらを無闇に恐れたり、また憧れたりするのでなく、自分なりに自然に心に据えるようになると、自分たちが見守られていると感じたり、なにか大きな力に生かされていると感じることもあるでしょう。姿なき大きな存在への敬意が生じてくるものです。

◇死に親しみ、理解を進め、自分が生きることと死ぬことの学びになる

お墓参りのたびに、死や死者に思いを馳せて過ごすうち、次第に自分なりの死生観が育まれていきます。人が死んでいくのはどのようなことだろう、死んだ後はどのようになるのだろう、そもそも人の生死を決めているのは何なのか――。そのようなことを何気なく考える機会を持つだけでも、いつか自分が迎える旅立ちのときへのよい準備になります。

気持ちが向いたときに、心のままにお墓参りをする。そんな日々を重ねることで、わたしたちは大切な人を喪った悲しみを吐き出し、慰められ、死者とのあらたな関係を築き、力強い死生観を育んでもいるのです。 

お墓参りは、亡き人を思う心が本質です。では、お墓参りの儀礼、しきたり、作法、形式は意味がないのでしょうか? もちろん、そのようなことはありません。お盆、お彼岸、命日、年忌法要などにみられる作法や形式の意味を知ると、それが亡き人を思う気持ちから生まれたものだと理解することができます。 

お盆などお墓参りの時期や時間

 

■お墓参りにふさわしい時期

お墓といえば、お盆、そしてお彼岸にお参りするもの――。一般的にそのように思われていますが、本当にそうでしょうか?

もちろんお盆とお彼岸にはぜひお参りをしたいものです。また命日にもお参りをされる方が多いでしょう。ただし、お墓参りをする時期にルールはありません。もちろん、してはいけない時期もありません。真夏でも、真冬でも、お正月でも結婚式の前後でも、いつでも気持ちが向いたときに行かれるとよいでしょう。

ふと故人を思い出し、会いたくなったとき、ぜひ気軽に出かけてください。かつてお墓が集落のそばにあったり、一族の屋敷のすぐ隣にあった環境では、墓参が毎日の日課とされていました。今でも地方にお住まいのご年配の方などは、毎日のように近所のお墓に行かれる方がいます。

また、日々の暮らしの中で喜ばしいことがあったときは、ぜひご報告とお礼に行きましょう。辛いこと、悲しいことがあったとき、ご先祖様に胸のうちを吐き出すのもよいでしょう。どうしてもかなえたい願い事があったとき、助けていただけるよう一心にお願いしてもかまいません。

「お墓参りはご先祖様のために祈るもの。自分のためにお願いごとをするべきではない」という考えを持つ方もいますが、お墓にいらっしゃるのは縁あるご先祖様です。懸命に生きている子孫を愛しい、助けてあげたいと思わないはずがありません。そのようなときでも遠慮せず、お墓に足を運びましょう。

■故人が帰ってくるお盆

進学、就職、転勤、結婚などで、大切な方のお墓から遠いところにお住まいの方は少なくありません。そういった方はとくに、年末年始のお休み、そしてお盆とお彼岸がおもなお墓参りの機会になります。

 

お盆は、ご先祖様の霊が帰ってくる時期です。東京や関東圏の一部では7月13日~16日ですが、そのほかの地域では8月13~16日におこなわれるところが多いようです。8月のお盆は「旧盆」「月遅れのお盆」などといわれ、そもそもは農作業の繁忙期である7月を避けるために始まったといわれています。現在では夏休みにあわせることができるため、8月のお盆が広く定着しています。

お墓参りには、お盆の初日である「盆の入り」、13日に行く方が多いようです。この日にご先祖様が地上に帰ってくるので、お迎えに行こうという意味合いで始まったものです。

■あの世とこの世がいちばん近くなるお彼岸

お彼岸は、春分と秋分を中日にして、前後の各3日間をあわせた7日間を指します。

そもそも「彼岸」とは、煩悩を脱した悟りの境地のことをいいます。わたしたちが暮らすこの世を「此岸(しがん)」と呼び、三途の川を渡った向こう岸が、仏様の世界である「彼岸」です。ですからお彼岸は本来、仏教修行者にとって彼岸(=仏様の世界、悟りの境地)を目指す修業期間のことでした。

中日には太陽が真西に沈んでいきますが、真西には彼岸(=仏様の世界、悟りの境地、極楽浄土)があると考えられています。そのため、この日没を拝むことで極楽浄土に往生できるという教えがあるのです。

修行者でなくとも、彼岸は仏様となった故人が住む世界です。お彼岸中日の日没を通して、彼岸にいる大切な方に思いを送りましょう。あの世とこの世がいちばん近くなる日ですから、お彼岸はお墓参りにも最適な時期のひとつです。心を込めたご供養の心が、きっと届くことでしょう。

■お墓参りによい時間帯

時期だけでなく、お墓参りの時間についても気になる方がいるかもしれません。「お墓参りは午前中に行くべき」「夕方16時以降は行ってはいけない」などの説を耳にした方もいらっしゃるでしょう。

時間帯についても、お墓参りに厳密なルールはありません。ただし、午前中に行くとよい、夕方以降は避けるべき、という説にもそれぞれ理由がありますので知っておきましょう。

お墓参りにおすすめの時間として午前中が挙げられるのは、実は「お墓参りをどのような用事よりも優先する」という姿勢をすすめているのです。大切なことだから、真っ先におこなうようにしましょう、ご先祖様を最優先にしましょう、ということです。

また夕方以降のお墓参りを控えるように、という説については、「霊がついてきてしまうから」という理由が添えられていることがほとんどです。夜の墓地を恐れる気持ちから生じたものと思われます。

いずれにしても、午後から出かけても、夕方に出向いても、お墓参りのマナー違反であるとか、非常識なお墓参りだというわけではありません。霊園・墓地の規則を守り、都合に合わせてお墓参りをされるとよいでしょう。

お墓参りのマナー

 

■マナーは敬意と思いやりを形にするもの

お墓参りは、ご先祖様に感謝の心と弔意を捧げる大切な供養です。そこにはご先祖様に対するマナーがあり、また墓参のためにたくさんの方々が集う「場」に対するマナーがあります。マナーや作法を「堅苦しい形式」と考えるのではなく、思いやりの心と敬意を形にするものだと理解して、しっかり身につけておきましょう。

■お墓参りの仕方

お墓参りの作法は、難しいものではありません。ごく基本的な心得ばかりですので、お墓参りの手順にしたがって、とるべきふるまいをご案内していきましょう。

ご本尊・ご住職にご挨拶をする

お参りするのが寺院墓地であれば、まず本堂でご本尊をお参りし、可能であればご住職にご挨拶をします。

管理事務所などで掃除道具をお借りする

管理事務所などに行き、柄杓(ひしゃく)と手桶、バケツ、ほうきなどお墓の清掃に必要なものをお借りします。ただし、墓参者ができるだけ気軽にお墓参りに来られるよう、霊園・墓地では基本的な用具を用意してくれていますが、できれば掃除道具は一式、持参するのが望ましいでしょう。

  手桶に水をくみ、お墓に向かう

墓石を洗うための水をくみます。墓石専用の洗剤などを使用してお墓を洗う場合、手桶に一杯分では足りないので、水くみ場が遠いときは、バケツなどにも水をくんでお墓に向かいます。

お墓の前で一礼して、清掃をする

掃除はまず墓石の周囲の落ち葉、雑草の処理をおこない、次いで墓石を洗い、その後に墓誌・塔婆立てなどの付属物や、花立て・香炉などの小物をきれいにします。墓石は傷つけないようやわらかいスポンジやブラシで洗い、最後に水気を拭きとることが大切です。細かい部分は歯ブラシを使用します。

手を洗い清め、線香やお供え物をする

掃除が終わったら、いよいよお参りです。手をきれいな水で洗い清め、花・線香・お菓子や果物などのお供え物をします。花はハサミで長さやバランスをととのえ、水を入れた花立てに差して飾ります。お菓子や食べ物は、半紙を敷いた上にのせて供えます。線香は火をつけた後に手であおいで消し、香炉に立てるか線香皿に寝かせます。また地域によって、灯明のローソクを立てる場合もあります。

合掌する

墓石の正面に向かい、合掌します。心の中で冥福を祈り、また感謝の思いや伝えたいことを語りかけます。題目をとなえてもよいですし、無の心を捧げてもかまいません。合掌のときは手に数珠をかけて、胸の前の位置で手のひらをやわらかく合わせ、軽く目を閉じて頭を垂れます。

お供えの食べ物を引き取り、お参りを終える

全員の合掌が終わったら、お参りは終了です。後始末をして帰ります。花や線香はそのままでかまいませんが、お菓子や果物などは必ず持ち帰ります。

■お墓参りのマナーと注意点

◇お墓参りの服装は落ち着いたものにする

お墓参りをするのに、喪服でなければいけないというルールはありません。ただし、日常のお参りでしたら気軽な普段着でもよいのですが、お盆やお彼岸などはとくに、華美な服装や肌の露出が多い服装は避けます。これはご先祖様に対するマナーという意味もありますが、周囲の墓参者の方々への礼儀でもあります。きちんとした身支度を整えましょう。

◇お参りの順番は、縁の深い方から

お墓の掃除を終え、合掌のお参りをするとき、順番は故人との縁の深い方から始めます。ご家族だけでなく、職場の方や友人知人が一緒にお墓参りをするときなど、社会的な立場の高い方を先にしがちですが、お参りは故人のためのものです。縁の深い方を優先します。

◇線香やローソクの火を、息で吹き消さない

線香やローソクの火は、手であおいで消します。人の口は悪業を積みやすいため、仏様に捧げる火を人間の息で穢してはいけないという教えです。こうしたマナー違反は、周囲の方を不快な思いにさせることがあるので気をつけましょう。

◇墓石にお酒をかけない

お酒が好きだった故人やご先祖様のために、お墓参りのときにお酒を持参し、墓石にかける方がいます。仏様を思う気持ちからの行為ですが、化学反応で墓石が傷み、劣化を早めてしまいますので避けるべきです。

◇お供え物は持ち帰る

お供え物は、帰るときにかならず回収します。放置されたお供え物は鳥や害獣を呼び寄せます。食べ散らかしてお墓が汚れますし、衛生的にもよくありません。またビールなどを缶のままお供えする方がありますが、缶のサビが墓石に付着し、劣化を進めてしまいますのでやはり控えましょう。

墓参りのお花

 ■お墓に供える仏花を選べますか?

街のお花屋さんでは、かならず「仏花」として、菊を中心とした花束が売られています。最近ではスーパーマーケットやホームセンターでも常時、販売しているところが多いようです。このように、仏様へのお供え用のお花が最初からまとめられていれば、気楽に買うことができて便利です。でも、いざ自分でお墓参りのお花を選ぶとき、どのお花がいいのか、どのお花はよくないのか、あなたは知っていますか?

ご家族のお墓だけでなく、ご親戚、友人知人、お仕事の関係者の方のためにお墓参りをする機会もあります。そのようなとき、間違ったお花選びをしてしまわないよう、きちんと知っておきましょう。

■お墓参りで避けたほうがよいお花

基本的には、仏様に捧げるお花について、厳密なルールというものはありません。ただし慣例として、「避けたほうがよい」とされるお花がいくつかあります。知らずにお供えしてしまうと、気を悪くする方もいますので留意しておきましょう。

仏花にあまりふさわしくないとされるお花の特徴は、以下の3つです。

◇毒があるもの

◇棘があるもの

◇香りが強いもの

彼岸花とも呼ばれる曼珠沙華(まんじゅしゃげ)は、その名称から、つい仏様に差し上げるのにふさわしいのではないかと考えてしまいますが、毒があるため避けたほうがよいお花として知られています。またバラも美しいのですが、棘を持つことから控える方が多いようです。

■お墓参りにおすすめのお花

お墓に供えるお花は、一般的には菊とされています。菊そのものを仏花と呼ぶこともあり、日常的に仏壇などに供えられる定番のお花です。菊が好まれる理由のひとつは「邪気を払う」といわれているからです。そしてもうひとつ、「切り花にしても長持ちする」という特長も選ばれる理由になっています。お供えしてから長い間、きれいにお墓を彩ってくれる点は大きな魅力です。

菊のほかに仏花の花束でよく使用されている種類は、小菊、りんどう、グラジオラス、カーネーションなどです。これらは日持ち、彩りがよく、日常的なお墓参りのお供えにはとてもよいでしょう。

一方、仏花を少し豪華にしたいときによく使われるのは、百合やカラーです。香りが比較的強いことから控える方もありますが、最近とくに人気のお花です。

また故人が亡くなってから日が浅い場合は、白いお花、色の淡いお花を選ぶのが基本的なマナーとなっています。お気持ちが弱っているご遺族にとっては、鮮やかなお花は毒々しく感じられてしまうことが多いからです。日が経ってからは、故人が生前にお好きだったお花、あるいはご遺族へのお見舞いの気持ちを込めて、ご遺族がお好きなお花を差し上げるのもよいでしょう。

お墓参り代行

■お墓参りに行けないそれぞれの事情

「ご先祖様やご親族が眠るお墓にお参りしたい」。そう思っても、なかなか出向くことができない方はたくさんいます。

◇仕事や家事、育児が忙しくて、時間にも心にもゆとりがない

◇高齢で体調があまりよくなく、出かけることができない

◇転勤で遠方に住んでいるため、めったに行くことができない

◇故郷に放置されたお墓があるが、様子がわからず出かける気持ちにならない

そういった方に対しては、お墓のお掃除代行サービスが有名です。しかしクリーニングだけでなく、「お参り」についても代行してもらうことができます。サービスのシステムや料金をみていきましょう。

■お墓参りの代行サービス 作業の流れ

お墓参りに関する代行サービスの内容には、おもに「お墓のクリーニング」「献花、お線香、合掌礼拝のお参り」の二つのコースがあります。

ただし厳密に分かれているものではなく、クリーニングを依頼しても献花とお線香、合掌礼拝というかんたんなお参りをしてくれますし、追加費用を出すことによって献花を豪華にしたり、故人が好きだった食べ物をお供えしてもらうこともできます。また反対に、お参りの代行を依頼した場合も、墓地の草むしりや落ち葉拾い、墓石のかんたんな拭き掃除程度はしてもらえることがほとんどです。

一般的にみられるお墓参り代行サービスの、作業の流れは以下のとおりです。

① 合掌礼拝

② 作業前のお墓の状況を写真撮影

③ かんたんな掃除

④ お線香、仏花、(場合によりお供物)

⑤ 合掌礼拝

⑥ 終了後の状況を写真撮影

⑦ 写真つきの報告書を郵送

■お墓のお参り代行サービス プランの内容

お参りを中心とした代行サービスでは、かんたんな清掃つきで15,000~20,000円程度が相場になっています。近年では全国対応する業者も増えましたが、代行業者の事業所からごく近いエリアだけを受け付ける場合は費用が安く、クリーニングなしで数千円という料金もみられます。

ここではお参りを中心にした、シンプルなプランをご紹介します。

  サービス提供会社の種類 サービス内容 費用
A社 お墓参り・掃除の代行をはじめ、墓石の移設や墓じまいもおこなう専門業者 ・作業前後の写真撮影 ・合掌 ・除草作業 ・除草剤散布 ・落ち葉等ごみ拾い ・墓石の手洗い洗浄と拭き上げ ・香炉や花立ての手洗い ・お線香と仏花の奉納 ・季節の果物2品のお供物 18,000円(税別)

+交通費

B社 墓石クリーニングを中心に、お墓参り代行業、開業コンサルティングをおこなう専門業者 ・作業前後の写真撮影 ・合掌 ・除草作業 ・落ち葉等ごみ拾い ・墓石の手洗い洗浄と拭き上げ ・香炉や花立ての手洗い ・お線香と仏花の奉納 (お供物を希望する場合は実費) 15,000円

(税込)

法人

障がい者の就労支援をするNPO法人で、サービスは全国対応 ・合掌 ・掃除は水鉢と線香台のみ ・お線香と仏花の奉納 ・写真撮影 7,000円

(税別)

+交通費

いずれも献花、お供物のリクエストなどがあると、別料金が発生します。標準的なお墓掃除とセットで申し込むケースが一般的ですが、「自分ではお参りに行けないけれど、せめてお花だけでも飾ってあげたい」というときに、このようなシンプルなお参り代行サービスが利用されています。