墓石・お墓の選び方

墓石・お墓の選び方

墓石のデザインや種類

 

■墓石を作るときに決めること

お墓を作るにあたっては、墓石の素材となる石の種類、墓石のデザイン、刻む文字など、決めることがいくつかあります。中でもデザインを決めるのは、なかなか楽しいものです。ベーシックなデザインの、重厚感にあふれた美しさはやはり魅力的ですし、自分の人柄や人生の来し方を色濃く映し出したユニークなお墓も心惹かれます。

お墓はたいていの場合、一生に一度の大きな買い物です。またご家族やご友人が故人に心を向ける、ひとつの拠り所となります。どのようなお墓を作ることができるのか、さまざまな選択肢を知っておきましょう。

■墓石のデザイン

墓石のデザインは、大きく「和型墓石」「洋型墓石」「デザイン墓石」の三つに分類できます。どれも意味や思いがこめられたデザインで、見た目の印象にとどまらない魅力がありますので、それぞれ特徴をご案内しましょう。

◇和型墓石

日本人ならお墓といわれて真っ先に思い浮かべる、あのデザインです。シンボルとなっている縦長の直方体の石は「角柱棹石(かくちゅうさおいし)」と呼ばれます。そもそもこの和型のスタイルは、お釈迦様の遺骨をおさめた「仏舎利塔(ぶっしゃりとう)」や、「五輪塔(ごりんとう)」の形を簡素に模したもの。江戸時代にはすでに、現在と同じ形の墓石が人々に広く使用されていました。

和型墓石は、シンボルの「棹石」を最上部として、石が三段、もしくは四段に積み重ねられた構造をしています。基本の三段積みでは、最上部の棹石が「天」、二段目が「人」、三段目が「地」を象徴しているといわれます。どなたも見慣れているベーシックなデザインですから、ありふれた墓石のイメージが強いかもしれません。しかし、やはり重厚感があって美しく、迷った末にこのデザインを選ぶ方が多くいます。

◇五輪塔

和型墓石が中心の墓地に、ときおり目にすることがあるのが、この五輪塔です。平安時代から供養塔・墓塔として使われていました。江戸時代に今の形の和型墓石が広まる以前は、どのような身分の人であっても入るお墓はこの形だったといいます。

角形、球形、半球形、屋根型、宝珠型などさまざまな形の石が重ねられたデザインで、下から順に、地・水・火・風・空を象徴しています。全体の形としては、ベーシックな和型墓石と同じように、お釈迦様の遺骨をおさめた仏舎利塔を模しています。

現代では、没後50年を経たご先祖様の供養や、慰霊塔にも用いられます。また、この塔を建てると特別な修行をおこなわなくても浄土にいけるという教えがあり、その点に惹かれて建てる方もあります。最近では、五輪塔は戦国武将の墓石によくあるスタイルのため、あやかりたいと好んで建てる方が増えています。

◇洋型墓石

近年、増えているのは洋型墓石です。背丈が低い、分厚いプレート(板)を使ったデザインで、「プレート型」とも呼ばれます。背丈が低いため圧迫感がなく軽やかな印象をもたらし、また重心が下部にあるので安定しています。大きな地震を経験した方々が、倒れにくく地震に強いことからこのタイプを選ぶケースもあります。

またひと口に洋型といってもバリエーションはさまざまで、背の低い厚めのプレート型という基本形に、曲線の輪郭をほどこしたり、色柄の違う石を組み合わせるなどしてオリジナルな雰囲気を形にすることができます。

◇デザイン墓石

「個性豊かなユニークなお墓を作りたい」という希望を受けて、オリジナリティあふれるオーダーメイドの墓石を作る業者が少しずつ増えています。霊園・墓地によっては墓石の大きさやデザインに制限がある場合がありますが、故人の人生の象徴となるような、熱中した趣味やお仕事に関連したものをかたどった墓石は人気です。お参りする方々も故人らしさを味わえるでしょう。

墓地でときおり見かけるのは、ギター、ピアノ、トランペットやサックスなどの楽器、バイクや車、ゴルフクラブや野球のバットなどのスポーツグッズ、また地球や世界地図をモチーフにしたものなどです。中にはタバコの箱や、お酒のボトルをかたどった墓石もみられます。

■カロートの構造

墓石のデザインにも関わる重要な部位、カロートについても理解しておきましょう。カロートは外からは見えませんが、お墓にとってもっとも重要な「納骨室」です。

カロートは墓石の下にあり、位置によって「地上式」「半地下式」「地下式」に分けられます。さらに、それぞれ内部の収納スタイルによって「一段型」「二段型」「三段型」に分類されます。カロートの大きさや形状は、地域や霊園によって、また墓地の大きさによって異なりますが、どのような構造でどのくらいの広さがあるかによって、骨壺をおさめる容量が変わってきます。また、カロート内部が骨壺でいっぱいになったとき、古い遺骨から順に土に還せるよう、底の一部を土にしていることもあります。 

墓石やお墓の値段・相場

 

■墓石の値段を決める3つの要素

墓石工事費は、【墓石代】+【彫刻費】+【設置工事費】を合計した費用です。

この3つの要素それぞれが総額に反映されます。もっとも大きく価格に響くのは墓石代です。そのため墓石代を中心に、価格を左右する基本的なポイントを知っておきましょう。

墓石代

◇石の種類

墓石の材料に使う石は、300種前後あります。その中でもとくに、長年、風雨にさらされ、暑い陽射しにさらされても劣化しない、①硬く、②水を吸わず、③耐久性の高い石が求められます。

質の悪い石を使用すると、短期間で墓石が劣化し、ひび割れてしまうこともあります。どんなにお手入れが行き届いていても、どんなに洒落たデザインでも、ひび割れてしまっては台無しです。そのため石は、お墓を作るときにもっともお金をかけるべきポイントだといわれています。

実際に、「墓石代を決めるのは石の種類」といっても過言ではありません。ひとつ例を挙げると、墓石に使用されるメジャーな石材のひとつは御影石ですが、白御影石より、黒御影石のほうが高価です。1~1.5平米のお墓用に一般的な大きさ、デザインで墓石を作る場合、白御影石ではおよそ140万円かかりますが、同じ条件の墓石を黒御影石で作った場合、およそ250万円になります。

現在、墓石の石材には、「花崗岩」「閃緑岩」「斑レイ岩」「安山岩」の4種が好まれ、よく使われます。どれも劣化しにくく、磨くと美しく光沢が出やすい石です。石材店ではこれらを中心にさまざまな石材を用意していますので、選ぶ際には店舗や墓地で現物をご覧になるのもよいでしょう。また取り扱っている種類は石材店によってそれぞれ異なりますので、希望がある場合は確認されることが必要です。

◇石の硬さ・色・石目

密度が高くて硬い石は、丈夫なため高価になります。一般的に、密度が高くなるほど、石目は細かくなり、また色は黒っぽくなります。そのため、白っぽい石がもっとも価格的に低く、次いでベージュ、グレー、朱色、赤茶色、緑色などの色石が続き、もっとも高いのは黒系の石となります。

◇石の等級

石は、同じ種類でもランクによって価格に倍以上の開きが出るケースもあります。ですから見積りを比較するときには、石の等級にも気をつけて見積り額を評価することが大切です。たとえば、同じ石を同じ量だけ使用する条件で複数社から見積りを出してもらっても、安いからといって飛びついてしまうのは危険です。安い見積りでは、等級の低い石を使用するプランかもしれないからです。

◇使用する石の量

使用する石の量が増えるほど、当然、価格は高くなります。そのため大きな墓石を建てたり、広い区画の墓地を購入したりした場合、墓石の価格も上がります。広い墓地では、土台となる基礎に使用する石が多く必要になります。

◇石の加工

石の加工にかかる費用は、加工が単純なものほど安く、逆に加工が細かく複雑なものほど高くなります。とくに石を丸く加工するときなど、特殊な機材を使用する場合には費用がかさみます。

■墓石の彫刻費と設置工事費のしくみ

墓石工事代は、ほぼ石によって決まるとお伝えしましたが、もちろん彫刻費と設置工事費の内容によっても差が生じます。

彫刻費については、一般的な内容・分量であれば基本料金内でおさまりますが、彫刻をする文字数がとくに多かったり、自筆の文字を彫ってもらうなど特別のオーダーを依頼した場合は料金に加算されます。また、すでに彫刻されている文字を消して彫り直してもらう場合も別途、費用がかかります。

設置工事は、基本的に墓地の規模と形状、墓石のタイプ、そして墓地の場所によって金額が決定します。最近ではお墓に特別の耐震処置を希望される方もいますが、その場合は料金加算の対象になります。

 

墓石工事費の総額は、ここにご紹介したような要素を反映しながら、最終的な価格が決定されます。墓石の購入価格に関する調査では、平均相場が100~300万円。一般社団法人全国優良石材店の調査では、48.9%の購入者が100~200万円、次いで24.4%が50~100万円、15.2%が200~300万円を購入費にあてています。この額をひとつの参考にし、墓石工事費のしくみを頭に入れて、ご自身が候補に挙げた各社の料金表を賢く比較検討してください。

墓石の文字

■「墓石の正面」に刻む文字

お墓の顔ともいうべき、中心にそびえる棹石(さおいし)。その正面に入れる文字は一様ではなく、最近ではオリジナルなものにする方も増えてきています。基本のタイプから近年、好まれている流行りのものまでご紹介しましょう。

◇家名

「○○家」「○○家之墓」「○○家先祖代々之墓」「○○家先祖代々菩堤」「○○家累代之墓」など、家名を彫る基本的なスタイルです。実際に、現在あるお墓のほとんどは家名を刻んだものです。二つの家をひとつのお墓に祀る「両家墓」の場合は、二つの家名を並べて彫刻します。

◇題目

正面に大きく題目を刻むケースもあります。宗旨・宗派によって題目文字が異なります。天台宗、浄土宗、真宗は「南無阿弥陀仏(佛)」、真言宗は「南無大師遍照金剛」、禅宗は「南無釈迦牟尼仏」、日蓮宗は「南無妙法蓮華経」です。

◇神道

一般の霊園・墓地に神道式のお墓が建っていることがあります。和型墓石に似た形ですが、いくつか特徴があります。和型墓石でいう「棹石(さおいし)」というシンボルの石は、神道式の場合、上面がピラミッドのように尖った形をしています。また八足台に見立てた石を配置し、シンプルな角型の花立を据えます。

石碑の正面文字には「○○家奥都城(おくつき)」「○○家之奥都城」「○○家先祖代々霊位」「○○家之墓」などと入れます。「奥都城」は「~のお墓」という意味で、文字を「奥津城」とする場合もあります。また正面文字のほか、側面や墓標などに、仏教の戒名にあたる「霊号」「享年」「帰幽日(命日)」を刻みます。

◇キリスト教

厳格なルールはありませんが、一般的に「十字架」「洗礼名」、そして故人が好きだった言葉や聖書の一節が刻まれることもあります。キリスト教では本来、一つのお墓に入るのはひとりですが、日本ではご家族で一緒に入ることも多いため、家名を刻む例も少なくありません。

◇好きな言葉

墓石の正面に、故人が好きな言葉、人柄をあらわす言葉、思いをあらわす言葉を刻んだお墓も増えてきました。「想」「愛」「感謝」「心」などの文字のほか、短い詩、俳句などもみられます。故人の個性が感じられるよいお墓ですが、まったく自由に言葉を選べるとは限りません。霊園や墓地によっては、ふさわしくないと判断される文字や言葉を使用できないことがあります。

◇図柄・図案

花や自然物をはじめ、故人にゆかりのあるイラストを刻むパターンです。墓石の形自体をオリジナルのオブジェのように作るには高価な費用がかかりますが、墓石にイラストとして刻む方法ならそこまで高額にはなりません。ただし、オリジナルの言葉を刻む場合と同様に、お墓にふさわしくないと判断される図案は禁止されることがあります。

■「棹石の側面や裏面」「墓誌」に刻むもの

和型墓石を中心に、日本のお墓には以下のような内容が刻まれます。

◇戒名(法名)――生前に戒名を彫刻する場合は、刻んだ文字の部分に朱を入れることがあります。亡くなってお墓に入った後、朱を落とします。

◇俗名――生前の氏名を入れます。

◇没年月日――命日を年月日で刻みます。

◇享年――亡くなったときの年齢を記します。

◇建立年月日――お墓を建立した年月日を「平成○年○月○日」「平成○年○月吉日」などと刻みます。

◇建立者名――施主名を記します。個人であれば氏名を入れ、共同であれば「○○家兄弟一同」あるいは氏名を連名で彫刻することもあります。存命の場合は文字に朱を入れ、亡くなったら落とします。

■彫刻する文字の書体

しばしばもちいられる書体は、楷書体・行書体・草書体・隷書体・ゴシック体などです。わかりやすい、読みやすいという点でもっとも好まれているのは楷書体です。しかしほかの書体も美しく、味わい深いよさがありますので、彫刻されている文字の実物をご覧になって選ぶとよいでしょう。

また、ご本人の自筆をはじめ、「手書き文字」の彫刻もできます。紙に書いた現物を持ち込んでもよいですし、業者によってはプロに依頼して作ってもらえることもあります。費用は別途かかりますのであらかじめ確認しておきましょう。