エンディングノート・自分史の書き方

エンディングノートの書き方

エンディングノートに書くべき要素

エンディングノートにかならず書くべき大切なこと

■失敗しない、後悔しないエンディングノートを作るために

人生の終幕にふと思いを馳せたとき、「もし自分が家族より先に旅立つとしたら、これだけは伝えたい」。どなたも一つや二つ、そのようなことが思い浮かぶでしょう。エンディングノートの制作にとりかかるよい機会です。ただし、それ以外にいったい何を書いておけばよいのでしょう――?

エンディングノートのおもな使命は、3つ挙げられます。

◇重要事項を連絡する
◇自分自身の最期について、希望を明確に伝える
◇人生の記録、遺していく人々への思いを綴る

これらの目的を果たすことを念頭に置くと、エンディングノートに書くべき要素が浮かび上がってきます。

重要事項の連絡としては、「自分の基本情報」「家族・親戚・友人知人・仕事の人間関係」「身のまわりの重要な伝達事項」「資産」など。自身の最期に関する希望については「介護・終末期医療の方針」「葬儀・供養」など。また遺していく方々に対しては「自分史」「大切な方々へのメッセージ」などが挙げられます。

■「重要事項の連絡」は、もれなく正確に最新の情報を

エンディングノートに書き込むべき項目のうち、ここではとくに重要な要素について、以下にご案内します。まずは「重要事項の連絡」です。これについては、記入漏れがないこと、最新の情報であること、正確であることが大切です。人によって、さらに必要な項目が増える場合もあるでしょう。以下を参考に、ご自身のケースについて点検することをおすすめします。

【自分のパーソナルな基本情報】

生年月日/住所と戸籍/血液型/既往歴・持病やアレルギーの有無・服薬中の薬の一覧・かかりつけの病院名/健康保険証の記号と番号/医療保険の加入先と証書の保管場所/勤務先の名称・所属部署名・役職名・連絡先/マイナンバー/運転免許証番号と保管場所/パスポート番号と保管場所/携帯電話番号と加入電話会社/メールアドレス/メールサービスをはじめ加入しているインターネットサービスの一覧とIDやパスワード/パソコンのID・パスワード・重要ファイルの所在・データ処理の希望/そのほか契約している有償サービスの一覧と連絡先

【親族・友人・知人の情報】

自分との関係/連絡先/所属/葬儀告知の要否/お世話になったこと・感謝していること・金銭や物品の貸借・ひと言メッセージ/親族の関係がわかる家系図

連絡先リストはどなたも真っ先に作成しますが、名前と連絡先だけを並べるのではなく、上記のような内容を記述しておくことをおすすめします。葬儀などに参列していただいた場合、ご家族がおひとりおひとりに、心のこもったご挨拶をすることができます。また、ご親戚については、ひと目で関係がわかるよう家系図を書き込んでおくとよいでしょう。

【仕事の情報】

会社名/所属部署名・役職名/住所/緊急のときに連絡すべき重要な方の氏名・所属部署名・役職名・連絡先/親しい方の氏名・所属部署名・役職名・連絡先

現役でお仕事をされている方はもちろん、すでにリタイアされた方も、仕事関係の方々へのお知らせ、ご挨拶、お礼が必要だと思われるケースは多いでしょう。葬儀のお知らせはしなくても、時間をおいてご家族から、生前にお世話になったお礼とともにお知らせをしたいという場合、その方とのおつきあいの内容やエピソードなどをエンディングノートに記しておくととても役立ちます。

■思いどおりの最期を迎えるために「介護・医療・葬儀・供養」の望みを記す

あなたの望みにかなった旅立ちを実現するため、またご家族の心の負担を軽減するため、ここに挙げた項目についてしっかり記載することは大変重要です。脳死状態に陥った方のケースでは、ご家族が生命維持装置をはずすかどうか、医師からゆだねられることもあります。大切な方の命の行方を自分が左右するという重責を負い、苦しまない方はありません。そのようなときでも、ご本人の意思が明確に残されていれば、負担をやわらげてあげることができます。

【介護・医療に関する希望】

介護状態になったときの介護者・施設などの希望/自分の代理として意思決定する人、財産を管理する人の指名/回復が見込めず死期が迫ったときの終末期医療の方針・生命維持装置の装着など延命措置に関する希望/臓器提供の意思と内容・臓器提供カードの保管場所/献体登録の有無・登録証の保管場所

介護・医療、そして臓器提供・献体に関する希望については、できる限り普段からご家族に意思を話し、同意してもらっておくことをおすすめします。エンディングノートに書いてあっても、いざそのときになるとご家族に感情的な抵抗が生じることもあるからです。

【葬儀・埋葬に関する希望】

葬儀の生前契約の有無/希望する葬儀の内容・規模/菩提寺の名前・連絡先・宗派/喪主になってほしい人/葬儀に呼んでほしい人のリスト/弔辞を読んでほしい人と順位/焼香順位/遺影に使ってほしい写真の保管場所/希望する供養(埋葬・散骨など)の方法/お墓の所在地・連絡先・墓地の使用権者/お墓を継承してほしい人

葬儀や供養については、とりおこなうご遺族が、ご親戚から強い意見を突きつけられることがしばしばあります。そのようなとき、エンディングノートであなたの意思が示されていれば、外野の方々の意見や非難からご家族を守ることができます。

■無意味なトラブルを回避する「資産・相続」のリストとメッセージ

無用なトラブルを避けるため、ぜひしっかりと書き残しておきたい事柄です。ただし資産や相続について、生前は秘匿しておきたい情報もあるでしょう。その場合は、記載したページの端をテープで袋とじにするなどして開封できないよう処置をしておくとよいでしょう。

【資産のリスト】

銀行の支店名・口座番号・通帳と印鑑の保管場所/インターネットバンクのIDとパスワード/口座自動引き落としのリスト/クレジットカードの会社名・カード番号/ローン・借入金の借入先・返済方法・担保の有無/借入金の保証人など保証債務の有無/生命医療保険の加入先、証書の保管場所/個人年金・企業年金の種類・番号・年金手帳の保管場所/有価証券取引の証券会社名・口座情報/インターネットトレードのIDとパスワード/所有不動産のリスト・権利書・管理会社の連絡先/宝石・貴金属のリスト/貸金庫やトランクルームの契約の有無

【遺産相続について】

遺言書の有無/遺言書の保管場所・遺言書の種類(自筆証書、公正証書、秘密証書)/遺言書作成に関わった専門家の氏名・所属・連絡先/誰に何をどれだけ相続させるか・分配内容の理由説明・メッセージ

遺言書の有無は、遺産分割協議をおこなうかどうかを決める重要な情報です。忘れずに明記しましょう。また、すでにお伝えしたとおり、エンディングノートには遺言書としての法的な効力はありませんので、希望どおりの相続を確実に遂行するには、遺言書と併せ用いることが必要です。

エンディングノートに記載する項目は、思いの外たくさんあります。でも億劫に思うのではなく、気持ちが向いたときに少しずつ埋めていけばいい、そのような気楽な気持ちで書き始めてください。そして、書き込んだひとつひとつの情報が、遺された方々をさまざまな形で助けることを忘れないでください。

エンディングノートを書く際の形式

しっかり役立ち心に残るエンディングノートの形式

■機能的かつ心がこめられたエンディングノート作りの秘訣

重要な情報を満載するエンディングノートですが、書く上で決まったスタイルはありません。法的文書ではないため、自由な形式で作成することができます。ただし実際に読み、使用する方のことを考えると、よいエンディングノートの形式には、いくつかのポイントがあります。

◇どこに何が書いてあるかわかりやすい構成であること
◇誤解や読み間違えが起こらないよう、箇条書き・リストを効果的に使用していること
◇自分史やメッセージなどを好きなだけ加筆できるよう、用途が限定されていないフリーページがたっぷり用意されていること

エンディングノートに記載する情報は、意外に多いものです。そのため、知りたい情報がすぐに探し出せるよう、構成が明確であることが大切です。基本的には、おもに箇条書きやリストの形で書き込むパーソナルな「データ」、終末期医療や葬儀、相続の希望を意思表明する「ウィル(意思)」、自分史や大切な方への思いを綴る「メッセージ」、この3部構成になっているものがわかりやすいでしょう。

■第1章「データ」はシンプルな箇条書きに

「データ」「ウィル」「メッセージ」という3つの要素のうち、「データ」はご遺族がさまざまな手続き・処理をおこなうための重要な情報です。ページをパラパラとめくれば、どこに何が書いてあるかひと目でわかり、目当ての情報がすぐに探し出せるよう、情報をジャンルごとに整理します。

持病や既往歴、かかりつけクリニックなど医療に関連する情報、勤務先に関する情報、インターネットや携帯電話の加入・支払情報、保有しているパソコンに関連する情報など、関連したデータはできるだけまとめておきます。

同時に、読み間違えなどを起こさないため、記入事項の項目を目立つようにし、情報は箇条書きやリストにして記入します。その上で説明が必要な場合は、注釈を添えます。

■第2章「ウィル(意思)」は結論・解説の両方を記載する

介護・終末期医療の方針、臓器移植や献体の希望、葬儀や供養の希望などは、できるだけ具体的に記しておくことが必要です。表現が漠然とすればするほど、ご家族の負担が増えてしまいます。

具体的に書くためには、これらのテーマについて、それぞれ調べることが必要になります。介護される身になったとき、自宅で受けられるどのようなサービスがあるのか、そのとき同居している家族にはどのような負担がかかるのか、入所できる施設にはどのようなものがあるのか、それぞれ費用や入所要件はどうなっているのか――。

少々面倒に思う方があるかもしれませんが、この機会にしっかり情報を得ておくことは、実際さまざまなときに役立ちます。施設や葬儀社からパンフレットを取り寄せるなどして勉強していくうちに「この作業が楽しくなった」「興味が出てきたので終活セミナーに行こうと思う」という方も少なくありません。また自身の旅立ちについて考えが広がり、死についての受け止め方が大きく変化したという方も多くみられます。

■第3章「メッセージ」は個性に合った自由なスタイルで

こちらは「連絡事項」や「意思表明」でなく、ご家族をはじめ大切な方々に贈るものです。内容は、大きく二つに分けることができます。

◇遺していく大切な方々へのメッセージ
◇ご自身の人生や人柄を記す「自分史」的なもの

メッセージはご自身の言葉で、率直に思いを綴ることに留意します。手紙を書くのと同じと考えて、形式など気にせず自由に書きましょう。語りかけるような「話し言葉」で綴ってもよいですし、自分らしいユニークな方法も喜ばれます。奥さまのためにエンディングノートを用意した72歳の男性は、短い感謝の言葉とともに、自作の「夫婦川柳」を数句、したためたのだと楽しそうに語っておられました。

また「自分史」やそれに類するものも、ご家族にたいへん喜ばれます。身近にいても知らなかった故人の歴史を知ることができたり、故人の人柄を味わったり、新たな一面を発見したり――。ご遺族が「もう一度会いたい」と喪った方を思慕する思いを抱いたとき、このようなことが綴られたエンディングノートは、きっと心をやさしく慰めることができるでしょう。

自分史も、むずかしく考えることはありません。年表を作り、それぞれの年代で体験した思い出やトピックを記入し、それをもとにエピソードや想いを文章にして綴ります。小説がお好きな方はこの機会に自伝小説を執筆されるのもよいですし、エッセイのように気楽に一編ずつ書き進めるのも楽しいものです。

「家族に書き残そう」という気持ちで始めても、自分史を少しずつ書き進めていくうちに、思わぬ本心に気づいたり、過去の出来事の意味や価値を発見したり、ご自身にとってもさまざまな実りが得られることをきっと実感されるでしょう。

エンディングノートを書く際の注意点

エンディングノートを書くときの注意点

■正確なエンディングノートを作るために必要なこと

エンディングノートを作成する際、あらかじめ心得ておくことは、次の二つです。

◇情報を正確に記載するよう細心の注意を払う
◇法的な効力はないと理解しておく

せっかく手間をかけ作り上げても、肝心の情報が誤っていたのでは、かえってご家族に迷惑をかけてしまいます。とくにエンディングノートの場合、書かれていることは正確だという強い先入観がありますから、疑念が生じても「間違っているはずがない」と誤った情報にこだわり続け、傷を広げてしまうことになりがちです。

記載の誤りがないエンディングノートにするためには、「注意深い記入と確認」、そして「最新情報への更新」が必要です。保険をかけ替えた、携帯電話やメールアドレスを変更した、友人知人に住まいを移した人がいる、あらたに警備会社や家事サービス会社と契約をした――。

生活していればつねに変化が生じます。それらをもれなくエンディングノートに記載するよう、習慣づけるとよいでしょう。またご自身のお誕生日や年末・年始など時期を決めて、定期的に点検・更新作業をする方法もあります。

■法的効力はないので必要なら公正証書などを併用する

エンディングノート作りのもうひとつのポイントは、法的効力がないことを心得て、必要に合わせ公正証書遺言などを用意することです。意思を正確に伝えるだけならエンディングノートが充分に役割を果たしますが、とくに相続などについて、死後にトラブルになりそうなことがあれば、意思どおり遂行されるようほかの手段が必要です。

遺言書の方式にはおもに「自筆証書遺言」「公正証書遺言」の2種類があります。

◇自筆証書遺言……本人が自筆で作成・署名・捺印し、証人・立会人は不要。捺印は実印・認め印・拇印のいずれでもよく、封入はルール上不要ですが、偽造・変造の心配があるので通常は封入し、保管は本人がおこないます。

◇公正証書遺言……公証人が作成し、2人以上の証人・立会人が必要。署名捺印は本人・証人・公証人それぞれが実印を用いておこない、封入は不要。原本は公証役場、正本は本人が保管します。

自筆証書遺言は、作成方法が簡便で費用もかかりませんし、自分以外の誰にも内容を知られず作ることができます。ただし本人が保管するため、管理状況によっては内容を見られたり、変造されたりするリスクがあります。また遺言を執行する前に家庭裁判所で「検認」という手続きが必要になります。

一方の公正証書遺言は、作成手数料がかかり、少々手間も増えます。また証人と立会人には遺言書の内容を知られることになります。しかし保管は確実ですし、検認手続きも不要。確実な方法として一般的に利用されています。

■生存中に秘匿しておきたい情報にはそれなりの手当を

エンディングノートには、きわめて個人的な情報、そしてきわめて重要な情報が満載です。持ち歩くことなくご自宅で保管していれば盗難・紛失の恐れはほとんどないでしょうが、それでも万が一の事態を想定しておくことは大切です。

たとえば、誤ってエンディングノートを捨ててしまったとします。そのノートが最終的に可燃ゴミとして焼却される前に、誰かの目に留まり、持ち帰られてしまったら――。ノートに銀行口座の暗唱番号、クレジットカード番号、インターネットショッピングのログイン情報などがこと細かに書いてありますから、不正利用されるリスクが生じます。

そういったわずかなリスクでも回避したいという場合は、「書かなくてもよい情報は書かない」「クレジットカードの番号などは全桁を書かずに一部だけ記載しておく」などの工夫が必要になります。また「存命中には家族にも読まれたくない」「知られたくない」という事柄については、記載したページに白紙を重ね、テープで袋とじにしておくとよいでしょう。 

エンディングノートでテンプレートを利用する

テンプレートを利用して書くエンディングノート

■作成がかんたん便利で融通がきく、パソコンならではのエンディングノート

日常的にパソコンを使用している方であれば、エンディングノート作りにもパソコンを利用したいと思われるかもしれません。

「手書きの味わいもいいけれど、手間がかかるので億劫だ」
「悪筆だから、自筆でなくパソコンで作りたい」
「手軽に書き直しができるデータ入力のほうがいい」、そんな声が聞かれます。

インターネットで探すと、そういった方にぴったりのツールが提供されています。エンディングノートのテンプレートです。書店で売られているエンディングノートのように、書き込むべき事柄がわかりやすく整理され、項目やリストがきれいに並んでいます。あとは、それにしたがって記入すればよいだけです。

こういったテンプレートの多くは、無料でダウンロードできますので、ご興味がおありの方は試してみるとよいでしょう。

■テンプレート式エンディングノートの4つの利点

パソコンで作成するテンプレート式のエンディングノートには、豊富なメリットがあります。紙のノートをデジタルのノートに替えるだけで、新たにできることが広がり、また作業が楽になります。おもな長所を挙げておきましょう。

◇キーボード入力で効率的に作ることができる
◇デジタルデータのため、情報の修正・追加・更新が手軽
◇画像データやスキャンした書類を手軽にまとめられる
◇見やすい、読みやすい

■かんたんで手早いキーボード入力ならエンディングノート作りが手軽になる

まずは作成の手軽さです。ひと文字ずつしたためるのも楽しい作業ですが、エンディングノートに記載する文字量はかなり多いので、キーボード入力ができると負担が大幅に軽くなります。お忙しい方や、手書きの文書制作があまりお好きではない場合、やはりパソコンを利用したほうがよいでしょう。

■修正・加筆・更新が思いのままできて仕上がりも読みやすい

また紙のエンディングノートでは、記した内容を修正するとき、修正液や修正テープで覆ったり、取り消し線を引いたりして書き直し、欄外にあらたに情報を書き入れることになります。手間がかかりますし、修正箇所が多いと仕上がりが見づらくなってしまうのが難点です。

さらに紙のエンディングノートの場合、加筆したいと思っても自由にスペースを広げることができませんから、スペースが足りないときは別紙に書いてノートに貼り足すなど工夫が必要です。パソコンで作成するなら、そのような心配はいりません。

このメリットは、自分史を作るときに大きく発揮されます。自分史は、最初に書く要素を洗い出し構成を決めて書き始めても、途中でさまざまな思い出が甦り、あれも書いておこう、これも記しておかなくてはと、内容が豊かに増えていくものです。データ原稿であれば、文書の途中への加筆挿入や順序の入れ替えが容易です。

■思い出の写真でアルバム作り、重要文書もスキャンで保存

パソコンで作成するエンディングノートでは、デジタルカメラで撮影した写真を手軽に使用できる点も魅力です。もちろんプリント写真もスキャンして同様にあつかえます。幼い頃から現在にいたるまでの写真をまとめたり、ご家族との思い出の写真、旅行先の美しい景色などを集めて、自分らしいミニアルバムを作ってエンディングノートを華やかに仕上げるのもよいでしょう。

ほかにも、重要な紙の文書があればスキャンしてデータ化し、かんたんにエンディングノートに加えることができます。契約書、謄本、免許証、保険証、表彰状や感謝状、お書きになった絵や書など、現物をそのまま紙のエンディングノートに残せないようなものでも、データにすればまとめることができ、また劣化の心配なく保存することができます。

テンプレートを利用したエンディングノート作りは、メリットが豊富です。試してみたい、利用したいという方は、まず検索エンジンで探してよさそうなものをいくつか選び出し、実際に内容を確認してご覧になるとよいでしょう。それぞれ個性がありますから、比較することでご自身に合うタイプ、合わないタイプがみえてくると思います。そして気に入ったテンプレートを見つけることができたら、早速、気軽に書き始めましょう――。