自分史・エンディングノートとは

エンディングノートとは

なぜエンディングノートが必要か?

エンディングノートが必要な3つの理由

■自分史・エンディングノートの意外な効用を知っていますか?

「昨日まで 人のことかと思いしが おれが死ぬのか それはたまらん」

江戸幕府のエリート官僚であり、狂歌師・文人としても名声をきわめた蜀山人(しょくさんじん)こと、太田南畝が遺した有名な言葉です。

この言葉のように誰しも若いうち、あるいは健康なうちは、死を身近なもの、自分のこととしては考えないものです。でも「そのとき」はかならずやってきます。そして、いつ訪れるかはわかりません。「縁起でもない」「まだ若いから」「そのうちやればいい」、そんなふうに先延ばしにせず、ご自身の人生の最終幕をよりよいものに整える準備を、ぜひ今から始めてみませんか?

終活のうち、もっとも優先してとりかかるとよいのは、エンディングノートの作成です。エンディングノートとはご存知のとおり、もしものときに備えて、伝えておきたいことをまとめ記しておくノートです。

書店や文具店で、さまざまなタイプのものがズラリと並んでいるのをご覧になった方も多いでしょう。すでに「人気の定番商品」となっています。その人気の秘密、エンディングノートの利点をご紹介していきましょう。

■「家族が困らないように」という思いやりをこめて

多くの方にとってエンディングノートを作る動機は、「残された家族が困らないように」という思いやりの心です。万一のとき、ご家族は大切な身内を喪って、頭も心も混乱しています。その状態で、大急ぎで葬儀をとりおこなわなくてはなりません。

そんなとき、「葬儀の規模や内容はどうしよう」「誰に連絡をしたらいいかわからない」という状況では、ご遺族の心身の負担はいっそう重くなってしまいます。また、その後も「預貯金はどうなっている?」「遺産の分配はどうしたらいい?」など、所有者・意思決定者を失って宙に浮いてしまった物事が、ときに遺族にトラブルを引き起こすことさえあります。

エンディングノートには、伝えておくべき重要な事項がもれなく整理されていて、書き込めばよいだけになっているので大変便利です。葬儀の型式、費用の目安、戒名の希望、連絡すべき人々のリスト、埋葬方法の希望など、葬儀・埋葬に関すること。遺産の一覧、それぞれの証書や権利書などのありか、分配の指示、貸借リストなど。そのほか生活・趣味に関するサービス加入契約の一覧。重要なものの保管場所や処分方法など――。

こういった事務的な伝達事項をしっかり記し残しておくことは、ひとつの責任でもありますし、混乱や悲しみの中にあるご家族への優しさともいえるでしょう。

■エンディングノートは「もっとも大切な遺品」になる

エンディングノートは、「便利な覚え書き」「家庭内の重要な連絡帳」として活躍しますが、価値はそれだけではありません。67歳のご主人を病気で亡くされた女性は「主人が大事にしていた腕時計、主人に買ってもらった指輪など、思い出の品や遺品はたくさんあります。でもその中でいちばん大切な形見になったのは、このエンディングノートなんです」、そんなふうに語っています。

多くのエンディングノートには、自分の人生の記録や、大切なご家族へのメッセージを書き込むページが用意されています。「人生でもっとも幸せだった5つの出来事」「自分に誇れる人生の成果」「感謝を伝えたい人々へのメッセージ」「お詫びをしたい人々へのメッセージ」など、人生を振り返り、ふだんは語ることのない本心を綴ることができます。

ご主人を見送って2年たった今、彼女はこう心境を語ってくれました。

「このノートには、主人の人生と思いが詰まっているんです。アルバムは主人の姿を残してくれますが、エンディングノートには主人の心が残されている。何度も読み返して、主人の心を味わっています」。エンディングノートは、こんな素敵な贈り物にもなるのです。

■書くことで死へのネガティブな思いが薄れることも

エンディングノートの、もうひとつの効用をお伝えしましょう。それは書くことによって、死に対するネガティブな思いが薄らいでいくことです。人生を見つめ、そこにあった幸せ、苦悩、悲しみ、成果、挫折を俯瞰すると、多くの場合、「いろいろあったけれど、さまざまな幸せを得ることができた」「自分なりの成果を残すことができた」と、普段では気づかなかった自分の人生の価値を発見します。

すると「この人生に、それなりに満足だ」「思い残すことは、あまりない」という思いを導くのでしょう。死、つまり自分の人生との別れを、さほど恐れなくなっていくことが多いのです。

齢70を超え、病気になったのをきっかけにエンディングノートを書いた男性は「書きながら、私の人生もなかなかいいものだったと思えるようになってね。そうなると、いつお迎えがきてもいい、晴れ晴れと死んでいける、そんな気になったんです。病気がわかったときには死ぬのが怖くて仕方なかったのに、不思議なものですね」、そう話してくれました。

同じ効果は、もちろん自分史を書くことでも得られるでしょう。「自分の人生の記録を形にしておきたい」「家族に伝えたい」という思いで書き始めたものが、期待以上の豊かな効用を発揮してくれます。

エンディングノートや自分史は、まずご家族に負担をかけないために必要なものです。同時に家族への温かい贈り物にもなり、またあなた自身がいつか迎える旅立ちのときを平和な心で受けとめるようになるかもしれません。

あなたもエンディングノートや自分史を作ってみてはいかがですか?

エンディングノートでやるべきことを整理

エンディングノートでやるべきことを整理する

エンディングノートが教えてくれる「やっておくべき大切なこと」

立つ鳥跡を濁さず。人生をきれいに仕舞いたい――。

そんなふうに考え終活を始めても、自分なりに思いつくままおこなっていたのでは、ときに思わぬミスも生じます。

「資産の一覧は作ったけれど、証書を保管している貸金庫のことを伝え忘れてしまった」
「死亡通知を出す相手の住所録を作り忘れた」
「遺産とお墓と保険のことばかり書いてしまい、家族へのメッセージを残さなかった」
「パソコンデータの後始末を事細かに頼んだのに、パスワードを書き忘れてしまった」

人が生きていれば、家庭のこと、仕事のことをはじめ、実に多くの事柄に関わっているものです。旅立つことを想定してそれらをひとつひとつ洗い出し、もれなく連絡事項を記載するのは至難の業。ミスがあって当然です。

でも実際に旅立ってしまった後にミスが原因で家族が混乱したり、感情的な問題が生じることもあります。そんな危険を回避するためにも、エンディングノートは役立ちます。記入する項目が細かく広く網羅されていて、もれを防ぎ、「これもやっておかなくては」と気づきをうながしてくれます。

葬儀の生前契約からお墓の整理まで―終活へのきっかけに

エンディングノートをきっかけに、多くの人はよりよい最期のための具体的な準備を始めます。ある人は「希望の葬儀」という項目を書こうとして、あれこれ思いを巡らせるうちに、葬儀の「生前契約」をしようと決断します。また「希望の埋葬」という項目を書くにあたって樹木葬、散骨などいろいろ調べを進め、ご自身の死生観を広げていくこともあります。

別の例では、気軽にエンディングノートを書き始めたことで、きちんとした形で意思を残すことの大切さを実感し、「法的効力を持つ遺言書を作ろう」「公正証書を作ろう」と、本格的な手続きをおこなうケースもみられます。

人生を深く味わい返す機会をもたらすエンディングノート

エンディングノートが思い起こさせてくれるのは、家族に書き残すべき連絡事項や実務的なことにとどまりません。

「お詫びの気持ちを伝えたい方へのメッセージ」という記入欄を見つけた71歳の男性は、かつて勤務していた会社に犬猿の仲の同僚がいたことを思い出しました。そりが合わない同僚で、つねに意見がぶつかり合い、ふだんはもちろん「大人の対応」をしていたのですが、ある会議で議論が白熱したとき、その同僚を馬鹿にする発言をしてしまったといいます。それを謝る機会を持たないままこの方は退職し、それきり会うことはありませんでした。

「ちっぽけな出来事だと思っていたけれど、内心、『あれはまずかった』と気にかかっていたのでしょう。思い出したらどうしてもひと言詫びなきゃいけないと思えて、出したこともなかった年賀状を書いて、あのときのことを謝りました」

お相手からはすぐに好意的な返信があったそうです。「心のつかえがとれた」「死んでいく前にこういうことをひとつひとつしっかり片づけて、人生の大掃除をしなくちゃいけませんね」、そんなふうに話しておられました。

人生でやり残したこと、心残り、気がかり――。心につかえていても、日々の暮らしの中で「後まわし」にされてきた大切なことにいよいよ着手する。エンディングノートは、そんな機会を与えてもくれるのです。

エンディングノートで大切な人に意思を遺す

■残された人を慰め、励ますエンディングノート

あなたは誰にむけてエンディングノートを書きますか?

もとは他人であったのに、縁あって出会い夫婦となった奥さま、あるいはご主人でしょうか。それともお子さま、ご兄弟、親御さま、ご親戚、それから後見人といったケースもあるでしょう。

いずれにしても、エンディングノートを残すお相手があなたの大切な方なら、ただの事務的な「連絡帳」にしてしまうのはあまりにも残念です。連絡事項をしっかり記載した上で、あなたの本心からのメッセージ、とりわけ「普段だったら言いづらいこと」こそを、お相手の顔を思い浮かべ綴ることをおすすめします。

なぜなら、そのように作られたエンディングノートは、残された方の悲しみを温かく癒す力を持つからです。エンディングノートを残すことによって、あなたはあなたの死後も、大切な方を慰め、励まし、優しい思いで包み込むことができるのです。

■愛情と感謝を伝えるメッセージが心を癒す

伝えるメッセージのうち、残された方にもっとも喜ばれ力強い心の支えになるのは、もちろん愛情を示す言葉です。照れくさく、なかなか難しいかもしれませんが、これがあなたからの最後のメッセージです。おまけに、あなたはもういませんから恥ずかしい思いを味わうこともありません。思い切って、愛情をこめた言葉を贈ってみてはいかがでしょう?

実際には、たとえば病床にあって旅立ちが近づいたとき、伴侶や恋人に「愛しているよ」という代わりに、万感の思いを込めてひと言「ありがとう」と言うことが多いものです。もちろん言われた方も、その言葉の本当の意味はわかります。控えめな感情表現と、その真意を察する心は日本人独特のお互いを思いやるコミュニケーションです。充分に気持ちは通い合います。

愛情を示す言葉とともに、感謝の言葉も心に深く染み入りますので、エンディングノートに忘れず綴りましょう。具体的に過去の出来事をあげて「あのときはありがとう」と記すと、当時の光景や気持ちが甦り、心のより深い部分にメッセージが届くでしょう。

■喪失の哀しみを支えた「100個のありがとう」

58歳のある女性は、急激に進行する病気のためあっという間にご主人を亡くし、大きな喪失感を抱えていました。そんな彼女を支えたのは、ご主人のエンディングノートにあった「100個のありがとう」でした。

あのときこうしてくれてありがとう、このときはこんなふうにしてくれてありがとう、というように、夫婦で過ごした30年あまりの人生の場面とともに、感謝の言葉が述べられていたのです。彼女はエンディングノートのそのページをコピーし、きれいに折りたたんでいつも持ち歩いていました。

■残していく人の人生に、死後もかかわることができる

たとえこの世から旅立っても、わたしたちは残していく方の幸せな人生をサポートすることができます。エンディングノートはそれをかなえるひとつの手段です。実際のケースをご案内しましょう。

独り立ちする前のお子さまを残していかなければならないお母さまの無念は計り知れませんが、そのような場合、エンディングノートにお子さまのバースデーメッセージを書き残す方がしばしばいらっしゃいます。

自分がいなくなった後、お子さまが成人するまで毎年の誕生日に贈るメッセージを書いておくのです。お子さまの年齢にあわせたお祝いの言葉や、その年でぶつかるかもしれない困難へのアドバイス、どんなことを身につけどう過ごしてほしいかという願いをしたためます。

もちろんこれは毎年のお誕生日ごとに読んでもらうものですから、一年分ずつバースデーカードや手紙にして封入してもよいですし、エンディングノートに記入し、ページの端をテープなどで「袋とじ」にする方もあります。

■書き記した「わが家の人気料理」のレシピがあなたの存在を蘇らせる

奥さま、あるいはお母さまとして家事を担っていた方なら、残していくご家族に温かい言葉を贈るだけでなく、ご家族それぞれが好きなお料理のレシピを記しておくのもよいでしょう。ご家族が実際にお料理を作り、あなたと同じ味を再現できたとき、きっと「うん、女房の味だ」「お母さんが作ってくれたのと同じ味」、そんな歓声をあげるでしょう。あなたの存在を感じ、深い喜びを得るはずです。

このように、ほんのささやかな贈り物を残すことで、わたしたちは死後もあらたな形で家族とともに生きることができるのです。別れたばかりの時期は失った方を思い出すのがつらいものですが、こうした「温かい仕掛け」を用意しておくことで、故人を笑顔で思い起こせる日が導かれていくことでしょう。 

エンディングノートでトラブルを避ける

エンディングノートが身内のトラブルを予防する

■亡くなった後に多発する、予測不能のトラブル

自分はシンプルに生きている――。そんな方でも、実際には自覚している以上に社会とさまざまなつながりを持ち、複雑な人間関係の中にあるものです。そのためひとりの方が亡くなると、影響は実に多くの方におよび、想像もしなかったトラブルが生じることがあります。

「葬儀の焼香順位が違う」「故人は散骨を希望していたのにどうしてかなえてやらないんだ」「わたしが介護をしていたのに、この遺産の分配は納得がいかない」――。ここでは、そういった身内で起こりやすいトラブルと、エンディングノートによる予防法をご案内しましょう。

■死をめぐるトラブルの「よくあるパターン」が示すもの

トラブルは、さまざまなテーマについて起こります。

◇終末期の治療方針、介護の仕方などをめぐるもの
◇葬儀、供養に関すること
◇遺産の分配、形見わけなどについて
◇故人の人間関係にまつわること

ただし、多くのトラブルには共通した要因がみられます。代表的なパターンを通じてみていきましょう。

ひとつのパターンは、ご家族の間で「あのときお母さんに手術を受けさせていれば、助かったかもしれない。受けさせなかった親父のせいだ」「そうではない、手術をしなかったのは本人の希望だ」など、治療について死後に言い争いが起こり、関係が長期にわたって悪化してしまうものです。

このケースは非常に多く、「母は在宅ホスピスを希望していたのに、病院に入れるなんてかわいそうなことだった」「本人は自分から希望した」、あるいは「どうして最期まで苦しい治療を受けさせるような残酷なことをしたんだ」「本人は頑張りたいと言っていた」など、両者が故人を大切に思うあまり、感情的に相手を非難してしまうパターンです。

また葬儀に際しても「故人は儀礼的なものが嫌いだった。家族と本当に親しい人だけで送り出してほしかったはずだ」「そんなことはない、人さまとのおつきあいを大事にしていたのだから、皆さんに広くお知らせをしてきちんと最後の挨拶をしたいと思っていたに決まっている」と、同様のパターンがしばしばみられます。

こういった終末期の治療や葬儀の方針について揉め事が起こるとき、「故人は何を望んでいたか」について、ご遺族それぞれが異なった主張をしてぶつかることがほとんどです。どなたにとっても「大切な人」「大切なこと」だからこそ強い意見を持ち、それが諍いに発展してしまうのですが、そもそも故人の希望がはっきりと示されていれば、避けられる場合が多いのです。こういった場面で、エンディングノートが重要な意味を持ちます。

■遺産の相続トラブルをエンディングノートで予防する

では相続にまつわるトラブルに関してはどうでしょう? 確実な方法を希望される方は遺言書――自筆証書遺言か、より確実なものとしては公正証書遺言――を用意されますが、その場合でもエンディングノートが大きな役目を果たします。というのも、遺言書に記載できる内容は遺産の内訳や分配先など、ごく限られています。

ですからエンディングノートには法的効力はありませんが、遺言書を補完するものとしてセットで作成しておくとよいでしょう。エンディングノートには、遺言書の遺産分配について、遺言者の真摯な思いを綴っておきます。

主張がぶつかり合うトラブルの中、明確に示された「故人の意思」に勝るものはありません。遺言書だけでは意図がわからず不満を覚えるような指示内容があったとしても、エンディングノートでしっかりと遺言者の意図と思いが伝えられれば、遺された方々も納得してくれるでしょう。

ただし遺言書に書かれている内容とエンディングノートに記した内容が違っていたら、逆に大きな問題を生じさせてしまうことにもなりかねません。資産内容が変わったら両方の内容を更新することとともに、ふたつの整合性には細心の注意を払う必要があります。

■自分の最期を託す方への礼節と思いやりを尽くすエンディングノート

もうひとつ、ご親戚や仕事関係者などとの間で起こりやすい問題について、あらかじめ知っておきましょう。

◇葬儀で読み上げる焼香者名の順位が不適切で失礼だと、ある親戚が立腹してしまった
◇焼香者名リストから漏れていた重要な仕事関係者がいて、自分の名前がとうとう呼ばれず一般参列者の焼香に入ってしまい、怒って退席してしまった
◇親戚が、葬儀のしきたりが先祖代々のものと異なると強く抗議してきた
◇小ぢんまりとした葬儀にしたところ、親戚から体面が悪い、家の名に泥を塗ったと激しく抗議された

人は家族、親戚、仕事関係者、ご近所の方々、友人知人など、さまざまな集団に属しています。そして集団の中ではつねに序列(上下関係)が存在し、また本人との親しさの度合いも異なります。当人にしか把握できていないことが多いので、いざこざを防ぐためには、あらかじめエンディングノートなどに細かく記載し残しておくことが大切です。これは遺していくすべての方々に対する礼節でもあり、彼らを傷つけたり不快な思いをさせたりしないための思いやりでもあります。

たとえ自分の人生であっても、その最期は誰かに託すことになります。そのとき何も伝えていなければ、託された方が苦労し、不要な争いが生じるかもしれません。自分のためにそのような悲しい事態を引き起こすことがないよう、ぜひエンディングノートを活用しましょう。

エンディングノートで忘れがちな要素

エンディングノートで忘れがちな要素は何?

■「書き忘れ」でご家族を困らせたりがっかりさせないために

せっかくエンディングノートを作ったのに、大事な情報を書き忘れた――。

発覚したときには、書いたご本人はすでに旅立っていて「知らぬこと」ですが、遺された方々は困ったり、呆れたり、がっかりしたり。そんなことにならないよう、エンディングノートを書くときに忘れがちな要素を、あらかじめ知っておきましょう。

多くの方が「書きもらしがないように」と神経を使うのは、葬儀・埋葬に関すること、資産に関すること、お子さまやご高齢のご家族に関すること、そしてお仕事に関することです。でも、実はこれらについてさほど心配はいりません。市販のエンディングノートを利用すれば、こういった重要ジャンルの伝達事項について、もれなく記入欄が用意されているからです。

書き忘れについて注意するべきポイントは、以下の3つです。

◇作った後、必要に応じて情報を更新すること
◇意思疎通が困難になったときを想定した、介護や治療、延命措置の希望を記載すること
◇遺された方々の「心を救うひと言」を添えること

これらはうっかり忘れがちですが、とても重要な要素です。ひとつずつみていきましょう。

■忘れがちな要素① 情報を更新すること

エンディングノートに重要な伝達事項をひとつひとつ記入し完成させると、「これで準備は万端」と、つい安心してしまいます。しかしエンディングノートを作成して半年、1年、2年と月日がたっていくうちに自分を取り巻く環境が変化し、記載した情報に変更が生じる場合があります。

たとえば保険のかけ替えです。また大きな出費があったり遺産の相続があれば、預貯金など資産の内容も変わります。ほかに家族、親族、友人知人の連絡先の変更もまめにおこなう必要が出てくるでしょう。人によっては、パソコンのパスワードや加入しているSNSについての情報にも留意しなくてはなりません。

エンディングノートは「いったん書き上げたら終わり」ではなく、随時更新していくものだと覚えておきましょう。そのため、エンディングノートはどこかに大事にしまいこむのでなく、目につきやすく、ふと変更点を思い出したときにすぐ書き直せるよう、リビングなどに置いておくことをおすすめします。誕生日やお正月などタイミングを決めて、毎年見直しをするのもよいでしょう。修正箇所には修正した年月日を付記しておきます。

また書き直す個所が多くなってしまったら、新しいエンディングノートを作ってもよいですし、内容を編集しやすいよう最初からバインダー型のノートを利用して、市販のエンディングノートを参考に自作してもよいでしょう。

■忘れがちな要素② 延命治療など終末期の治療方針

エンディングノートが活躍するのは、亡くなったときだけではありません。あまり想像したくないことですが、事故や病気のため、充分な認知力や判断力がなくなったり、自分の意思を伝えることが困難になったり、意識を失った状態になるケースもまれにあります。

そんなとき、治療方針をどうするのか。あるいはもっと深刻な状態になったら、人工呼吸器など生命維持装置をもちいる延命治療を受けるのか、それとも自然死を選ぶのか――。

そんな重要な決定をゆだねられるのは、ご家族にとってとてもつらいことです。エンディングノートはたとえ自筆でも法的に効力を持つ書面ではありませんが、ご家族が決定権をゆだねられたとき、正常な状態でのご本人の意思を確認できるのは大きな助けになります。忘れがちなのですが、ぜひ自分の介護、医療に関する方針についてしっかり記しておくことをおすすめします。

近年では「尊厳死宣言公正証書」など、とくに延命措置を拒否したい方が事前に意思表示しておくために作成する「リビングウィル」も注目されています。法的効力はなくても医療機関で広く受け入れられるため、作成する方も少しずつ増えているようです。エンディングノートをきっかけに、望みどおりの最期を迎えることについて考えるのもよいことです。

■忘れがちな要素③ 残された方々の「心を救うひと言」を添える

エンディングノートに綴ったメッセージはあなたの死後、ご遺族の心を支え、癒す力を発揮することができます。これはエンディングノートのとても大切な役割となっていますから、ぜひ忘れることなく温かい気持ちを形にして表しましょう。

あなたと死別した後、ご家族は孤独感や寂しさ、哀しみに包まれます。大切な人との死別は、自分が死んでいくことと並ぶほどつらい、人生の一大試練です。そんな状況におかれたご家族を思い浮かべ、かけてあげたいひと言――「いつも見守っているよ」「また、あちらで会おう」「君のときにはかならず迎えにくる」など――を、エンディングノートにしたためておきます。きっと、ご家族が悲嘆の中から立ち上がる力をもたらしてくれるでしょう。